パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで文字をアーチ状や円に沿って入力する方法

PowerPointで文字をアーチ状に曲げたり、円に沿って入力する方法をご紹介します。

タイトルをアーチ状にして楽しさを演出したり、ボールの画像を文字で囲んだりすることができます。

スポンサーリンク

アーチ

文字をアーチ状に変形する

文字を用意します。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「アーチ」を選択します。

文字がアーチ状になりました。

アーチのカーブを調整する

アーチのカーブの調整は、「描画ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「図形の高さ」の上下の矢印で行います。

「図形の高さ」を拡大してカーブを大きくしました。

アーチと袋文字を組み合わせると、より強調したタイトルが作れます。

袋文字の作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

パワポで袋文字(縁取り文字)を1つのテキストボックスで作る神業
PowerPointで袋文字(縁取り文字)は、テキストボックスを重ねて作るのが一般的です。しかし、重…

文字を円に沿って入力する

文字を用意します。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「円」を選択します。

文字が曲がりましたが、形が崩れているので整えます。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」の「高さ」と「幅」を同じ値にし、テキストボックスを正方形にします。

変形しても正方形のまま崩れないように「縦横比を固定する」にチェックを入れます。

文字が円形に流れました。

文字を調整する

文章の先頭と末尾を繋ぎたい時は、フォントサイズを「Ctrl + Shift + >」キーで拡大して調整ます。

文字を追加していくと、文字数に応じてフォントサイズが変動します。

文字数によって文章の先頭と末尾に空きができてしまう時は、最後の一文字を選択し、

「ホーム」タブ →「フォント」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「フォント」ダイアログが開くので、「文字幅と間隔」タブ →「間隔:文字間隔をつめる」にして「幅」を入力します。「幅」の値はフォントサイズなどにより異なるのでお好みで調整しましょう。

文章の末尾が詰まりました。

スポンサーリンク

変形を解除する

変形を解除したい時は、テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「なし」を選択します。

解除してもテキストボックスは変形した状態のままなので、文字にフィットさせます。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「文字のオプション」→「テキストボックス」を開き、「❶自動調整なし」→「❷テキストに合わせて図形のサイズを調整する」の順に選択します。

テキストボックスが文字にフィットしました。

長体・平体・斜体

「文字の効果」の「変形」では、その他にも文字を「長体・平体・斜体」にすることができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで文字を「長体」や「平体」にする方法
PowerPointで文字を縦横に伸縮させて「長体」や「平体」にする方法をご紹介します。…
PowerPointで斜体を思うがままの角度に傾ける方法
PowerPointで通常の文字を斜体にする方法では傾きの角度を調整することができません。そこで、I…