【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで文字をアーチ状・波形・円に沿って入力する方法

PowerPointで文字をアーチ状や波形に曲げたり、円に沿って入力する方法をご紹介します。

文字を変形させるとリボンの形状に合わせたり、円形オブジェクトに沿わせることができます。

スポンサーリンク

アーチ状文字

アーチ状にしたい文字を用意します。作例のフォントは「源柔ゴシックX Medium」を「36pt」で使用しています。テキストボックスは「Ctrl + E」キーで中央揃えにします。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→

「アーチ」を選択します。

文字がアーチ状になりました。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ」と「幅」ボックスのスピンボタン(▲/▼)をクリックして文字のカーブを調整します。

カーブを大きくしました。アーチ状文字の完成です。

波形文字

波形にしたい文字を用意します。作例のフォントは「源柔ゴシックX Medium」を「36pt」で使用しています。

「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「波:下向き」を選択または

「波:上向き」を選択します。

文字が波形になりました。調整ハンドルやテキストボックスのサイズで波の形状が変更できます。

スポンサーリンク

円形文字

文字を円に沿って入力する

円形にしたい文字を用意します。作例のフォントは「源柔ゴシックX Medium」を「36pt」で使用しています。

「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「円」を選択します。

文字が曲がりました。ここから円形に変更します。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ」と「幅」を同じ値にし、テキストボックスを正方形にします。

サイズを変更したあと正方形のまま形状が崩れないように「縦横比を固定する」にチェックを入れます。

文字が円に沿って流れました。

文字を追加していくと文字数に応じてフォントサイズが自動で変動します。

  • 編集画面で見えている文字間隔とスライドショー画面や画像に書き出したデータの文字間隔が異なる場合があるので注意が必要です。仕上がりの確認は、スライドショー画面や書き出したファイルで行いましょう。

変形を解除する

代表してアーチ状文字の変形を解除します。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「変形なし」を選択します。

変形が解除されました。しかし、テキストボックスと文字がずれているので合わせます。

テキストボックスを選択した状態で、「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「テキストボックス」→「図形内でテキストを折り返す」のチェックを入れてから再度はずします。

テキストボックスが文字にフィットしました。

スポンサーリンク

長体・平体・斜体

「文字の効果」の「変形」は、その他にも文字を「長体・平体・斜体」にすることができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで文字を「長体」「平体」にする方法
PowerPointで文字を縦または横に伸縮させて「長体」「平体」にする方法をご紹介します。長体・平…
PowerPointで斜体の角度を自由に傾ける方法(左右対応)
PowerPointの文字飾りの斜体は、傾きの角度を調整できません。「もう少し緩やかな角度にしたい」…

変形を使った神業

「文字の効果」の「変形」を裏技的な使い方をすると、PowerPointの図形では作れない形のオブジェクトが作れます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでふんわり吹き出しを作る方法
PowerPointでIllustratorのワープ効果で円を膨張させたような「ふんわり吹き出し」を…
PowerPointでマンガ肉を文字の変形で作る方法
PowerPointでマンガ肉のイラストをフォント「MS ゴシック」で入力した文字を変形させて作る方…

アイキャッチ使用素材

アイキャッチの使用素材は、次のリンクをご参考に作成いただけます。