スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで図形をロックして作業効率を上げる方法

PowerPointで図形やスライドをロック(固定)する代替機能として使えるテクニックをご紹介します。

PowerPointではIllustratorのようにオブジェクトを直接ロックしたり、レイヤーの鍵マークでロックする機能がありません。

よって、配置するオブジェクトが増えてくると選択がしづらくなり作業効率が低下するので工夫して作業する必要があります。

スポンサーリンク

ロック代替機能

Illustratorのレイヤー風ロック

PowerPointでもオブジェクトをロックする代替機能があります。

それは、動かしたくないオブジェクトを「カット&ペースト」で「スライドマスター」か「レイアウト」に移動させるテクニックです。

「スライドマスター」と「レイアウト」は、「表示」タブ →「マスター表示」グループ →「スライドマスター」で表示します。

「スライド」よりも背面に位置する「スライドマスター」か「レイアウト」に一時的にオブジェクトを退避させておけば、スライドから確認ができる状態で選択ができなくなります。Illustratorで下のレイヤーにオブジェクトを移動させ、鍵マークでロックした時と同じ状態です。

スライド全面に配置した背景やガイドなどは、編集時に誤って移動させてしまうことがあるのでロックさせておくのが得策でしょう。

スポンサーリンク

一定箇所の編集中に周りのオブジェクトを誤って選択してしまう状況が続いたときの回避テクニック

編集中のオブジェクトの周りに別のオブジェクトが隣接していると誤って必要がないオブジェクトを選択してしまうことが多々あります。

そういった場合は、新しいスライドを作成して編集中のオブジェクトを「カット&ペースト」で移動させ、新しいスライド上で編集すると周りにオブジェクトがないのでスムーズに行えます。

編集が終われば元のスライドに戻せば問題なしです。

プチレイヤー機能を使う

PowerPointの「プチレイヤー機能」を使えば、オブジェクトの「表示/非表示」の切り替えができるので作業がしやすくなります。

プチレイヤー機能については、『PowerPointで「プチレイヤー機能」を使う方法』で詳しく解説しています。

PowerPointで「プチレイヤー機能」を使う方法
PowerPointの「プチレイヤー機能」を使えば、オブジェクトの選択や重ね順の変更が簡単にできるよ…
スポンサーリンク

レイヤー分けを使った作業効率を上げるテクニック

スライドマスターとレイアウトでレイヤー分けをすると作業効率がアップします。

レイヤー分けをする方法は「パワポのスライドマスターとレイアウトでレイヤー分けをする方法」で詳しく解説しています。

パワポのスライドマスターとレイアウトでレイヤー分けをする方法
PowerPointにはレイヤー機能はありませんが、スライドマスターとレイアウトをレイヤーとして上手…