スポンサーリンク

PowerPoint「囲み文字」で文字を四角や丸で囲む方法

PowerPointで文字を四角「□」や丸「○」で囲んで「囲み文字(囲い文字)」を作り、タイトルや見出しを目立たせる方法をご紹介します。

Wordでは「囲い文字」の機能があり、シンプルな囲み文字が簡単に作れます。PowerPointには囲み文字の機能はありませんが、文字と図形を組み合わせ、Wordよりもデザイン性に優れた囲み文字を作ることが可能です。

スポンサーリンク

囲み文字のテンプレートを作成する

準備

今回は「囲み文字」の4文字を正方形で囲んでいきます。テキストボックスには以下の設定を予め反映させておきましょう。

文字が囲みの中央揃えになる設定です。「ホーム」タブ →「段落」グループ で文字を「中央揃え」にし、「文字の配置」を「上下中央揃え」にします。

テキストボックスの余分な余白もなくします。余白をなくす方法は「PowerPointでテキストボックスの余白をなくす方法」をご参考ください。

PowerPointでテキストボックスの余白をなくす方法
PowerPointで新規ファイルにテキストボックスを作成すると、余白が入る初期設定になっています。…

 

設定はできましたか?

テキストボックスは一文字だけ残した状態にします。

文字に囲みをつける

「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(単色)」を選択し、お好みの色で塗りつぶしましょう。

文字の背景が四角形で塗りつぶされました。

「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」の「高さ」と「幅」を同じ値にし、背景の四角形を正方形にします。正方形のまま形が崩れないように「縦横比を固定する」にチェックを入れます。

正方形で囲まれた囲み文字ができました。背景色によって文字色を白抜きなど見やすい色に変更しましょう。

この段階で文字が正方形の上下中央で揃っていない場合は、「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「テキストボックス」の「上余白」か「下余白」の値で調整してください。

以上で囲み文字のテンプレートの完成です。

スポンサーリンク

囲み文字を文字列にする

囲み文字のテンプレートを複製し、文字を打ち変えます。

囲み文字のバリエーション

丸の囲み文字

囲み文字を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」→「図形の変更」→「楕円」を選択します。

丸の囲み文字になりました。文字と円の隙間に余裕がない場合はサイズ調整しましょう。

囲み線ver.の囲み文字

線幅を設定し、背景の塗りを「なし」か「白色」にすると「囲み線ver.の囲み文字」ができます。

囲むだけでインパクト大!