スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで文字増減に合わせて自動伸縮する図形の作り方

PowerPointで文字を四角形で囲んだオブジェクトを作る時、テキストボックスと四角形を分けて作っていないでしょうか?

これを1つのテキストボックスで作ると、文字の増減に合わせて四角形も連動して伸縮してくれる便利なオブジェクトを作ることができます。Illustratorでは「アピアランス」で設定する内容です。

スポンサーリンク

文字と四角形をまとめて作成する

テキストボックスに「自動伸縮」と文字を入力します。フォントは「源ノ角ゴシック JP Medium」を使用しています。

背景を変更します。「図形のオプション」→「塗りつぶし(単色)」を「緑」にします。

文字を変更します。「文字のオプション」→「塗りつぶし(単色)」を「白」にします。

自動伸縮の設定をする

「文字のオプション」の下部にある「テキストボックス」のアイコンをクリックし、「テキストボックス」の設定を以下に変更します。余白はフォントによって数値が異なるので、文字が四角形のセンターになるように調整しましょう。

  • 「テキストに合わせて図形のサイズを調整する」にチェックを入れる(四角形が自動伸縮するようになります)
  • 全ての余白:0.2cm(文字と四角形の間隔を調整します)
  • 「図形内でテキストを折り返す」のチェックを外す(文字が右に増えていきます)

自動伸縮の設定が整ったので、文字を増やしてみましょう。

文字の末尾にカーソルを入れて「する」と入力します。すると、背景の四角形も連動して右に伸びました。

スポンサーリンク

文字が下に流れる設定にする

「テキストボックス」の「図形内でテキストを折り返す」にチェックを入れます。テキストが下に流れる設定になったので、文字を増やしてみましょう。

文字の末尾にカーソルを入れて「図形が超便利」と入力します。すると、背景の四角形も連動して下に伸びました。

塗りをなくして線の設定だけにするパターンも使用頻度が高いでしょう。文字を増やすと線も自動で伸びてくれます。

修正しやすいデータ作り

修正しやすいデータ作りを心掛けると作業が楽になります。一度作った自動伸縮するテキストボックスは素材として保存しておくと再設定する必要がなくなります。