スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで挿入後の四角形や写真を角丸に変更する方法

PowerPointで「正方形/長方形」で描いた図形を、後から簡単に「角丸四角形」に変更する「シェイプチェンジ」の方法と、挿入写真を角丸に変更する方法を合わせてご紹介します。

四角形で作ったけど「やっぱり角丸にしたい」「でも作り変えるのが手間だな」という時に修正が楽になる時短テクニックです。

スポンサーリンク

四角形から角丸四角形に変更する

四角形を描いてサイズや色を使用する設定に整えたとします。

作成後の四角形を角丸に変更したい場合、図形から「四角形:角を丸くする」を選択して同じ設定で作り直すのは手間がかかります。

そこで、挿入後の四角形自体を角丸四角形にシェイプチェンジします。

四角形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」→「図形の変更」→「四角形:角を丸くする」を選択します。

すると、角丸四角形に変更されました。角丸以外の図形にも変更が可能です。図形を変更する機能になるため、多角形の角を全て角丸にはできません。

スポンサーリンク

写真を角丸にする

今回はコスモス畑にいる女性の写真を角丸にします。

スライドに挿入した写真は直接角丸にできないので、図形の中に入れ込む作業が必要になります。

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「四角形:角を丸くする」を選択します。

角丸四角形を写真と同じ大きさで描きます。

写真を「Ctrl + C」でコピーし、「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」→「画像ソース」の「クリップボード」をクリックします。

図形の中に写真が入り込んで角丸になりました。

写真を四角形に戻したい場合は、「図形の変更」→「正方形/長方形」を選択すると元に戻ります。

図形の「八角形」にシェイプチェンジして面取りにしたフレームにしてみても面白いですね。