パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで挿入後の四角形や写真を角丸に変更する方法

PowerPointで正方形や長方形で描いた図形を、後から簡単に「角丸四角形」に変更する「シェイプチェンジ」の方法、挿入写真を角丸に変更する方法をご紹介します。

四角形で作ったけど「やっぱり角丸にしたい」「でも作り変えるのが手間だな」という時に修正が楽になる時短テクニックです。

スポンサーリンク

四角形から角丸四角形に変更する

四角形を描いてサイズや色を使用する設定に整えたとします。

作成後の四角形を角丸に変更したい場合、図形から「四角形:角を丸くする」を選択して同じ設定で作り直すのは手間がかかります。

そこで、挿入後の四角形自体を角丸四角形にシェイプチェンジします。

四角形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」→「図形の変更」→「四角形:角を丸くする」を選択します。

すると、角丸四角形に変更されました。角丸以外の図形にも変更が可能です。図形を変更する機能になるため、多角形の角を全て角丸にはできません。

線の結合点を丸くして角丸にする

四角形の「線の結合点」を丸くして角丸四角形にすることも可能です。

四角形の線を「塗りと同じ色」「線幅を太め」「線の結合点:丸」に設定します。

線のコーナーが丸くなり四角形が角丸四角形になりました。

三角形を角丸三角形にすることも可能です。

スポンサーリンク

写真を角丸や面取りにする

今回はコスモス畑にいる女性の写真を角丸にします。

写真を角丸にするには、角丸四角形でトリミングします。

写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」→「図形に合わせてトリミング」→「四角形:角を丸くする」を選択します。

写真が角丸になりました。

写真の角を面取りにしたい場合は、「八角形」を選択します。

調整ハンドルで面取りの深さを調整できます。

角丸の半径を数値で調整する

PowerPoint VBAを使い、角丸四角形の角丸の半径を「mm」で調整するマクロをご紹介します。複数の角丸の半径を揃えることもできます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA 複数の角丸の半径を数値で揃えるマクロ
PowerPoint VBAを使い、角丸四角形の角丸の半径を「mm」で調整するマクロをご紹介します。…