スポンサーリンク

PowerPointでタブに点線リーダーを設定して目次を作る方法

PowerPointでタブで揃えた箇条書きのテキストに点線のリーダーを設定して目次を作る方法をご紹介します。

IllustratorやWordにはリーダー線を設定する機能がありますが、PowerPointにはないため「下線」をうまく利用します。

スポンサーリンク

タブに点線のリーダーを設定する

準備

目次にするテキストを用意します。

全てのタイトルとページ番号の間には「タブ(Tabキー)」を入力しています。

ルーラーに「右揃えタブ」を配置してページ番号を右揃えにします。

リーダー線を設定する

リーダー線と文字がくっつきすぎないように一行目のタブの両サイドに「半角スペース」を入力します。

一行目のタブを選択します。

「ホーム」タブ →「フォント」グループ →「右下の矢印」をクリックします。

「フォント」ダイアログが開くので、「下線のスタイル」を「太破線」に変更します。

  • 直線にしたい場合は、「太線」を選択しましょう。

タイトルとページ番号の間に点線をつけることができました。

クイックアクセスツールバーの設定をインポートする

次の作業を効率良く行うためにPPDTP推奨のクイックアクセスツールバーをインポートしましょう。

インポートの方法は「クイックアクセスツールバーをイラレ仕様に設定する」で詳しく解説しています。

クイックアクセスツールバーをイラレ仕様に設定する
クイックアクセスツールバーによく使うコマンドを追加することにより、効率良く作業ができます。今回はPo…
スポンサーリンク

リーダー線のベースラインを上げる

点線が文字の下揃えになっているので、ベースラインを上げて中央揃えにします。

点線を設定したタブを選択します。

クイックアクセスツールバーにある「ベースラインを上げる」を数回クリックして点線を上げます。

点線が文字の中央辺りになるまで上げましょう。

点線の位置を微調整したい場合は、「フォント」ダイアログにある「上付き」の「相対位置」の値で調整が可能です。

全ての行に点線を貼り付ける

点線と両サイドの半角スペースを選択してコピーします。

点線をつけたい箇所のタブを選択してペーストしていきます。

完成

全てにペーストできたら完成です。

  • 中黒「・」や三点リーダー「…」で文字間を繋げると、フォントによって行末がガタガタになってしまうので、タブにリーダーを設定する方法がおすすめです。