スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで太さ調整可のストライプパターンを作る方法

PowerPointで太さの調整が可能なストライプパターンを作る方法をご紹介します。

既存の「塗りつぶし(パターン)」でもストライプの設定はできますが、細すぎて使い勝手が良くありません。

テクスチャとして図形を並べて思い通りのストライプを作りましょう。

スポンサーリンク

パターンの素材を作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「斜め縞」を選択します。

斜め縞を「高さ:2cm」「幅:2cm」「塗り:黒」で描きます。

次に「基本図形」の「直角三角形」を選択します。

直角三角形を「高さ:1cm」「幅:1cm」「塗り:黒」で描き、左右反転させて斜め縞の右下揃えで配置します。完成したら斜め縞と直角三角形を選択してコピーしましょう。

正方形を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描き、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)

図形がタイル状に並び、ストライプ柄の完成です。

ストライプをスイカ色にする

ストライプ柄の正方形の背面に同じサイズの正方形を緑色で描きます。

前面のストライプ柄の正方形を選択して「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を「50%」に変更します。すると黒色の塗りが半調になりスイカ感が出ました。

スポンサーリンク

ストライプの太さを調整する

ストライプ柄の正方形を選択して「塗りつぶし」の「幅の調整」「高さの調整」をそれぞれ「50%」に変更してストライプを細くします。

  • 「幅の調整」「高さの調整」は100%以上設定ができません。ストライプを太くしたい場合はパターンの図形を大きく作りましょう。

ストライプを白色にする

ストライプ柄の正方形を選択して「図の書式設定」→「図形のオプション」→「図」→「図の修整」の「明るさ」を「100%」に変更すると、色が反転してストライプが白色になります。

文字をストライプ柄にする

先ほど作成したストライプ柄をコピーします。

ストライプ柄にしたいテキストボックスを選択して、「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「文字の塗りつぶしと輪郭」→「文字の塗りつぶし」の設定を以下に変更します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)

文字がストライプ柄になりました。ストライプの太さは「幅の調整」「高さの調整」でお好みに調整してください。

まとめ

以上が「スイカストライプ柄」の作成方法です。斜線と背景の色を変更するだけで、色んなパターンのストライプ柄が作れます。作成したデータを使い回す素材として保存しておくと再度作る手間が省けて効率的です