【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで縦・斜めストライプを作り太さ調整する方法

PowerPointで太さ調整ができる縦・斜めストライプパターン(縞模様)を作る方法をご紹介します。

塗りつぶしのパターンで設定するストライプは太さ調整ができません。図形をテクスチャとして並べて思い通りのストライプを作りましょう。

スポンサーリンク

縦ストライプを作る

繰り返しオブジェクトを作る

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「正方形/長方形」を選択します。

正方形を「高さ:2cm」「幅:2cm」で描き、ストライプの背景を作ります。色はお好みで設定しましょう。

続いて、縦ストライプの部分を作ります。長方形を「高さ:2cm」「幅:1cm」で描き、上記で作った正方形の前面に上下左右中央揃え(揃え方を参照)で整列させます。こちらも色はお好みで設定しましょう。

縦ストライプの繰り返しオブジェクトの完成です。

  • 長方形の幅を正方形の幅の1/2にすると、同じ幅のストライプが繰り返されます。

縦ストライプパターンを作る

繰り返しオブジェクトを「Ctrl + C」キーでコピーします。

パターンを適用したい図形を選択し、「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック
  • 幅の調整:お好みで設定
  • 高さの調整:お好みで設定
  • 配置:中央

縦ストライプパターンの完成です。

ストライプの太さを調整する

縦ストライプの太さ調整は「幅の調整」で行います。値を下げていくとストライプが細くなっていきます。

ストライプが細くなりました。

  • 「幅の調整」を「100%」以上には設定できないので、ストライプを太くすることはできません。太くしたい場合は、繰り返しオブジェクトのサイズを大きくしましょう。
スポンサーリンク

斜めストライプを作る

繰り返しオブジェクトを作る

「図形ツール」の「斜め縞」を選択します。

斜め縞を「高さ:2cm」「幅:2cm」で描きます。斜めストライプの色は、色調整ができるように設定するので白色で塗りつぶしましょう。説明の為、背景色を設定しています。

続いて、「図形ツール」の「直角三角形」を選択します。

直角三角形を「高さ:1cm」「幅:1cm」「色:白」で描き、左右反転させて斜め縞の右下揃えで整列させます。

図形を全選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

  • 結合しておくとテクスチャとして並べた時に連結部分がずれません。

斜めストライプの繰り返しオブジェクトの完成です。

斜めストライプパターンを作る

繰り返しオブジェクトを「Ctrl + C」キーでコピーします。

パターンを適用したい図形を選択し、「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック
  • 幅の調整:お好みで設定
  • 高さの調整:お好みで設定
  • 配置:中央

斜めストライプパターンの完成です。

斜めストライプにしたい色と重ねると様々なパターンが作れます。

色調整をする

斜めストライプの「透明度」を下げると色調整ができます。

ストライプの色が薄くなりました。

ストライプの太さを調整する

斜めストライプの太さ調整は「幅の調整」「高さの調整」で行います。

値を下げていくとストライプが細くなっていきます。

スポンサーリンク

トラテープを作る

トラテープ(警戒用テープ、ポリスライン)を作ります。

繰り返しオブジェクトを作る

前項と同じようにトラテープの繰り返しオブジェクトを作ります。

ストライプの色は「黒」、背景は「黄」または「オレンジ」にします。

背景色は「テーマの色」→「標準の色」の「黄色」または「オレンジ色」を設定すると簡単です。

トラテープパターンを作る

パターンを適用する長方形を描き、前項と同じように繰り返しオブジェクトを設定します。

トラテープの完成です。

トラテープの枠を作る

図形の「フレーム」に繰り返しオブジェクトを設定します。

「図形ツール」の「フレーム」で枠を描きます。

塗りに繰り返しオブジェクトを設定して完成です。DANGERのフォントは「Impact」を使用しています。