【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointでフチ文字を1つのテキストで作る方法

PowerPointでフチ文字を作るときは、複数のテキストボックスを重ねるのが通例です。

しかし、何が何でも1つのテキストボックスでフチ文字を作りたい人向けに、禁断のテクニックをご紹介します。

スポンサーリンク

1つのテキストボックスでフチ文字を作る

何が何でも1つのテキストボックスでフチ文字を作りたい人向けのテクニックです。

1重フチ文字

テキストボックスに文字を入力し、改行して2行目も同じ文字を入力します。作例はテキストボックスの余白をすべて「0cm」(設定方法を参照)に設定しています。

1行目の文字に線幅の設定、2行目の文字に塗りの設定をします。1行目が背面の文字、2行目が前面の文字になります。説明のため背景色を変更しています。

テキストボックスを選択した状態で、「ホーム」タブ →「段落」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「段落」ダイアログが開くので、「行間:固定値」「間隔:0pt」に設定し、「OK」をクリックします。

  • 「段落前」「段落後」が設定されていたら「0pt」にしましょう。

1行目と2行目の文字が重なってフチ文字になりました。

テキストボックスが細長くなるので、選択するときは文字の下部をクリックしましょう。

2重フチ文字

2重フチ文字にするときは、「1行目:最背面」「2行目:中間」「3行目:最前面」の3層構造にします。

前項と同じように「行間:固定値」「間隔:0pt」に設定し、2重フチ文字の完成です。

スポンサーリンク

テキストボックスを重ねてフチ文字を作る

前項の方法では、文字の編集がしづらくなります。そこで、原点に戻りテキストボックスを重ねて作ったフチ文字を再考察します。

作り方

塗りを設定したテキストボックスと線幅を設定したテキストボックスを2つ用意します。作例はテキストボックスの余白をすべて「0cm」に設定しています。

2つのテキストボックスを重ね合わせてフチ文字にします。

シンプルイズベスト

背面の線幅を手間なく調整する

テキストボックスを重ねた状態で背面文字の線幅を調整する方法です。テキストボックスをずらす必要はありません。

2つのテキストボックスを「Ctrl + G」キーでグループ化します。

グループ化したテキストボックスを選択した状態で「Tab」キーを押します。

すると、グループ内の背面オブジェクトが選択されます。テキストボックスを重ねた状態で、背面の文字の線幅が調整できるので便利です。

文字を手間なく変更する

テキストボックスが重なっていると文字の編集も手間になります。

そんなときは「Ctrl + H」キーで「置換」ダイアログを開き、「すべて置換」で文字列を置き換えましょう。

「もじもじ」が一瞬で「そわそわ」に置き換わりました。

  • 「すべて置換」を行うと全スライドの同じ文字列が置き換わるので注意しましょう。複数のテキストボックスがあるファイルでは、置換したいテキストボックスを選択した状態で「次を検索」しながら「置換」するのが安全です。

マクロでフチ文字を作る

フチ文字をテキストボックスを重ねて作る方法は、マクロで行うと簡単です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA フチ文字(袋文字)を作るマクロ
PowerPoint VBAを使い、フチ文字(袋文字)を作るマクロをご紹介します。Illustrat…