スポンサーリンク

PowerPointで美し過ぎる「半円」を作る2つのテクニック

PowerPointで「半円」の作り方に困ったことはないでしょうか?知っていると、半分に切ったおでんの大根を作るときに役立つこと間違いなし。そこで「図形ツールで作った半円は美しくない?」を検証し、「美し過ぎる半円を作る2つのテクニック」をご紹介します。

スポンサーリンク

図形ツールで作った半円は美しくない?

図形ツールの「部分円」で半円は作れるのですが、調整ハンドルが半円の位置でピタッと吸着しないため、正確な半円は作れません。バウンディングボックスも正方形なので、半円の底辺で整列できないのも困りポイントです。

パックマンならうまく作れそうですね。

実際作成した半円をパスで確認すると、底辺が少し傾いているのが分かります。まっすぐに微調整するのも手間なので、サクッとオリジナルの半円を作って丸く収めましょう。

図形の結合で半円を作成する

図形ツールで「正円」を作成します。

次に「長方形」を「高さ:正円の高さ/2」「幅:正円の幅以上」で作成し、正円の上半分を隠すように重ね合わせます。

2つの図形を選択した状態で、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」をクリックし、1つの図形にします。

重なった部分が抽出され、半円の完成です。

スポンサーリンク

頂点の編集で半円を作成する

図形ツールで「正円」を作成します。

正円にマウスオーバーさせて、「右クリックメニュー」→「頂点の編集」をクリックします。

「頂点の編集モード」になりました。

中央下の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの形が変わったら「右クリック」します。

メニューが出たら「頂点の削除」をクリックします。

ふっくらした半円になりました。

ふっくら底辺をまっすぐにしたいので、底辺のパス上にマウスオーバーさせ、カーソルの形が変わったら「右クリック」します。

メニューが出たら「線分を伸ばす」をクリックします。

線分が伸び、半円の完成です。

以上が「美し過ぎる半円」の作成方法です。おつかれさまでした(^^)

超時短!半円を一瞬で作成するマクロはこちら。

PowerPoint VBA「半円」を一瞬で作成するマクロ
PowerPointの図形ツールに半円を綺麗に描ける図形が含まれていないので、四角形や楕円ほど手軽に作成ができません。そこで、半円を一瞬で作成できる夢のマクロをご紹介します。