パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで美し過ぎる「半円」を作る2つのテクニック

PowerPointで「半円」の作り方に困ったことはないでしょうか?図形の「部分円」で作れなくはないですが、あまり正確には作れません。

そこで「図形で作った半円は美しくない?」を検証し、「美し過ぎる半円を作る2つのテクニック」をご紹介します。

後半では、PowerPoint VBAを使って一瞬で半円を作るマクロもご紹介します。

スポンサーリンク

図形で作った半円は美しくない?

図形の「部分円」で半円は作れますが、調整ハンドルが半円の位置でピタッと吸着しないため、正確な半円は作れません。

プレースホルダーも正方形のままなので、半円の底辺で整列できないのも困りポイントです。

実際作成した半円をパスで確認すると、底辺が少し傾いているのが分かります。まっすぐに微調整するのも手間なので、サクッと正確な半円を作って丸く収めましょう。

半円を作成する

準備

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「楕円」を選択します。

スライドをクリックすると正円が描けます。拡大縮小したい時は、「Shift」を押しながらプレースホルダーを伸縮させましょう。

上向き半円を作成する

正円の大きさが決まったら、長方形を「高さ:正円の高さ/2」「幅:正円の幅以上」で描き、正円の前面に「中央上揃え」で整列させます。

2つの図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」を選択して結合します。

図形が抽出されました。「上向き半円」の完成です。

下向き半円を作成する

長方形を「高さ:正円の高さ/2」「幅:正円の幅以上」で描き、正円の前面に「中央下揃え」で整列させます。

2つの図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」を選択して結合します。

図形が抽出されました。「下向き半円」の完成です。

頂点の編集で半円を作成する

上向き半円を作成する

正円を描きます。

正円にマウスオーバーさせ、「右クリックメニュー」→「頂点の編集」をクリックします。

「頂点の編集モード」になりました。

中央下の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの形が変わったら「右クリック」します。

メニューが表示されるので「頂点の削除」をクリックします。

底辺がふっくらした半円になりました。

ふっくら底辺を直線にしたいので、底辺のパス上にマウスオーバーさせ、カーソルの形が変わったら「右クリック」します。

メニューが表示されるので「線分を伸ばす」をクリックします。

底辺が直線になりました。「上向き半円」の完成です。

下向き半円を作成する

頂点の編集で正円の中央上の頂点を削除すると図形の形が崩れてしまうため、下向き半円は作成できません。上向き半円を上下反転させましょう。

以上が「美し過ぎる半円」の作り方です。

スポンサーリンク

マクロで半円を作成する

半円は、マクロを使うと自動で作れます。図形の結合で作ると手間がかかる為、頻繁に作るのであれば自動化しておくのがおすすめです。

コード

Sub 半円を作成()

    Dim n As Long
    Dim w As Double
    Dim h As Double
    Dim diameter As Double
    Dim shp As shape
    
    '選択中のスライド番号を取得
    n = ActiveWindow.Selection.SlideRange.SlideIndex
    
    'スライドサイズ取得
    w = ActivePresentation.PageSetup.SlideWidth
    h = ActivePresentation.PageSetup.SlideHeight
    
    '円の直径「cm」を入力
    diameter = 5
    
    '直径を「pt」に変換
    diameter = Round(diameter * 720 / 25.4, 1)

    With ActivePresentation

        '正円を作成
        Set shp = .Slides(n).Shapes.AddShape( _
        Type:=msoShapeOval, _
        Left:=(w - diameter) / 2, _
        Top:=(h - diameter) / 2, _
        Width:=diameter, _
        Height:=diameter)
        
        '図形の塗り
        shp.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
        '図形の線なし
        shp.Line.Visible = msoFalse
        '図形の名前
        shp.Name = "shp1"
        
        '長方形を作成
        Set shp = .Slides(n).Shapes.AddShape( _
        Type:=msoShapeRectangle, _
        Left:=(w - diameter) / 2, _
        Top:=(h - diameter) / 2 + diameter / 2, _
        Width:=diameter, _
        Height:=diameter / 2)
        
        '図形の塗り
        shp.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
        '図形の線なし
        shp.Line.Visible = msoFalse
        '図形の名前
        shp.Name = "shp2"
        
        '2つの図形を単純型抜き
        .Slides(n).Shapes.Range(Array("shp1", "shp2")) _
        .MergeShapes (msoMergeSubtract)

    End With
End Sub

実行結果

マクロを実行すると、スライドの中央に黒色の半円が作成されます。

半円の幅は「diameter(直径)」の値で変更が可能です。

  • PowerPoint 2016 for Macでは「MergeShapes」メソッドが使用できないため、コンパイルエラーになります。

1/4円を作成する

図形の結合やマクロで正確な1/4円も作ることができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで正確な1/4円(四分円)を作る方法
PowerPointで正確な1/4円(四分円)を図形を組み合わせて作る方法と、PowerPoint …