スポンサーリンク

PowerPointで図として保存時の解像度を高画質に保つ方法

PowerPointで画像を「図として保存」する時に、できるだけ解像度を落とさず高画質を保った状態で保存する方法をご紹介します。

スライドに配置している状態でそのまま図として保存すると、画質が劣化してしまう場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

図として保存した画像の詳細

解像度について

PowerPoint for Winの場合、画像を図として保存すると解像度が「150ppi」まで下がってしまいます。「150ppi」以下の画像に関しては、解像度が下がることはありません。

「96ppi」以下の画像は「96ppi」に上がって保存されますが、画質が綺麗になるわけではありません。

サイズについて

画像サイズはスライドに配置しているサイズで保存されます。例えば、「5×10cm」で配置している画像は、保存した画像サイズも「5×10cm」になります。

画質が落ちる原因

以上のことから、図として保存で画質が落ちる原因として以下の2点が考えられます。

  • 「150ppi」以上の解像度の画像を配置していたが、保存時に「150ppi」に落ちてしまった。
  • 元画像のサイズより縮小してスライドに配置していたため、保存時にリサイズされた。

保存時の画質を比較してみよう

実験

スライド上でリサイズした画像の大きさによって、図として保存時の画質の変化を比べてみます。

  • サイズ「67.73×45.16cm」解像度「350ppi」の画像を使用
  • 「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックしたファイルを使用

スライドに配置された画像A「5×7.5cm」と、画像Aを2倍にした画像B「10×15cm」をそれぞれ図として保存します。

保存した画像をスライドに再配置し、サイズを揃えて画質を比べてみます。すると、画像Bの方が画質が良いことが確認できます。

どちらの画像も「150ppi」ですが、画像Bは画像Aの2倍のサイズがあるため、画像Bの方が高画質となります。

まとめ

画像の状態にもよりますが、実験の結果から図として保存する時は、画像を大きく拡大してから保存すると高画質で保存できます。

「150ppi」以下の画質が荒い画像を拡大しても高画質にはならないため、ある程度綺麗な画像に対して行うと効果があるでしょう。

解像度を落とさず画像を抽出する

図として保存するよりも、ファイルから画像を抽出すると画質の劣化を防ぐことができます。

解像度を落とさず画像を抽出する方法は「PowerPointから写真や画像をZIP変換で一括抽出する方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointから写真や画像をZIP変換で一括抽出する方法
PowerPointに配置した画像を一括でJPGやPNG画像として取り出す「ZIP変換画像抽出法」を…