PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで写真に激しく雨を降らす魔法の加工をする方法

梅雨の季節にぴったりな写真加工テクニック、PowerPointで魔法をかけて写真に激しく雨を降らせ、さらに稲光を加える方法をご紹介します。

Photoshopではフィルター機能などを組み合わせて雨を作ることができますが、PowerPointでも似たような加工ができます。

スポンサーリンク

雨を降らす下準備

雨が似合いそうな写真を用意します。

写真と同じサイズの長方形を作成し、「Ctrl + X」でカットします。

スライドを右クリックしてメニューを開き、「貼り付けのオプション」→「図」を選択します。

見た目は変わりませんが、図形から画像に変わりました。この画像を写真の上に整列で重ね合わせたら、下準備の完了です。

雨を降らせる

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」→「線画」を選択します。

画像にうっすらと細かな斜線が入りました。

再び「アート効果」から「アート効果のオプション」をクリックします。

「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「アート効果」→「透明度:0%」「鉛筆のサイズ:50」に設定します。

斜線が長くなりました。

血の雨を降らせたい訳ではありません。

スポンサーリンク

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「色」→「透明色を指定」をクリックします。

カーソルが「魔法のペン」に変わるので、画像の白色部分にカーソルを合わせてクリックします。

背景が透過されました。

斜線の量が多いので調整します。

「図の書式設定」ウィンドウ →「図」→「図の修整」→「明るさ:6%」に設定します。

ちょうどいい感じの雨模様になりました。

恵みの雨じゃー!

雨がくっきりしすぎているので、写真に馴染ませます。

雨画像を「Ctrl + X」でカットし、写真と同じサイズの長方形を写真の上に重ねて作成します。

長方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(カットした雨画像を挿入します)
  • 透明度:30%(透過させて馴染ませます)

続いて、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」→「ぼかし」を選択し、「アート効果のオプション」をクリックします。

「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「アート効果」→「半径:2」に設定します。

雨が透過されてぼかしがかかり、写真に馴染みました。

稲光を加えて幻想的にする

写真と雨画像を選択し、「Ctrl + X」でカットします。

スライドを右クリックしてメニューを開き、「貼り付けのオプション」の「図」をクリックします。

貼り付けた画像を選択し、「アート効果」→「光彩:デフューズ」を選択します。

稲光が加わり幻想的になりました。写真によって結果は異なります。

It’s PowerPoint Magic!!