パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで漫画風集中線を作る方法

PowerPointで線の長さ・太さ調整ができる漫画風集中線を作る方法をご紹介します。

集中線は二等辺三角形を円状に並べると作れますが、複製と回転の繰り返しを手作業でするのは手間です。

そこで「SmartArt」の機能でより簡単に作りましょう。

スポンサーリンク

集中線のテンプレートを作る

集中線のテンプレートととなるオブジェクトを作ります。

スライドサイズを「高さ:20cm」「幅:20cm」に設定します。スライドサイズの設定方法はこちらをご参照ください。

「挿入」タブ →「図」グループ →「SmartArt」をクリックします。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが開くので、「循環」→「基本の循環」を選択して「OK」をクリックします。

SmartArtがスライドに挿入されます。

SmartArtを選択し、「SmartArtのデザイン」タブ →「グラフィックの作成」グループの「図形の追加」を11回クリックして円を追加します。

円が合計16個並びました。

「SmartArt」のサイズを「高さ:24cm」「幅:24cm」に設定し、スライドと中央揃えにします。

「Shift」キーを押しながら、矢印を全てクリックして選択します。

矢印を選択した状態で、「書式」タブ →「図形」グループ →「図形の変更」→「フローチャート:組合せ」を選択します。

図形が変更されました。

「フローチャート:組合せ」を選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」のサイズを「高さ:8cm」「幅:0.3cm」に設定します。

サイズ変更できたら、全ての「フローチャート:組合せ」を「Ctrl + C」キーでコピーします。

「SmartArt」を削除し、「Ctrl + V」キーでペーストしましょう。

全ての図形を「Ctrl + A」キーで選択し、「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化解除すると「フローチャート:組合せ」の前面に透明の図形が出現するので全て削除します。

最後に全ての図形を「Ctrl + A」キーで選択し、「Ctrl + G」キーでグループ化します。

集中線のテンプレートオブジェクトの完成です。

スポンサーリンク

集中線を並べよう!

集中線の角度、長さ、太さを調整しながら並べます。

角度の調整

複製した集中線の角度は回転ハンドルで調整したり、

「図形の書式設定」ウィンドウ →「サイズとプロパティ」 →「サイズ」の「回転ボックス右側の上下の三角ボタン」で調整します。

長さ・太さの調整

集中線の長さ・太さ調整は「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化解除したあと、

「図形の書式設定」ウィンドウ →「サイズとプロパティ」 →「サイズ」の「高さ」「幅」で調整します。

  • 高さボックス右側の上下の三角ボタン:長さ調整
  • 幅ボックス右側の上下の三角ボタン:太さ調整

長さ・太さ調整後は再び「Ctrl + G」キーでグループ化しておきましょう。

  • 集中線の角度調整のときはグループ化、長さ・太さ調整のときはグループ化解除します。

この作業を繰り返し、お好みの集中線になるように調整しましょう。

漫画風集中線の完成です。スライド外のオブジェクトを非表示にして確認する方法はこちらをご参照ください。

スポンサーリンク

集中線を縦横比を変えてリサイズする

作成した集中線は、縦横比を変えてリサイズすると形状が崩れてしまいます。

縦横比を変えてリサイズする場合は、グラフィックス形式に変換しましょう。

集中線を「Ctrl + C」キーでコピーした状態で、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「画像(SVG)」を選択して「OK」をクリックします。

縦横比を変えてリサイズできるようになりました。

みんなも集中線でいろんなものを強調してみよう!