PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでスライド外のオブジェクトを非表示にする方法

PowerPointでスライドからはみ出た部分を全て非表示にし、印刷対象のオブジェクトのみをプレビューできるスクリーンモードをご紹介します。

Illustratorの「プレゼンテーションモード」の代替機能になります。スライドからはみ出たオブジェクトを非表示にしながら編集できる「トリミング表示」のような機能はありません。

スポンサーリンク

プレゼンテーションモード

プレゼンテーションモードの切替

例として、下図のようなオブジェクトがスライドからはみ出たレイアウトを作成したとします。

オブジェクトがスライドからはみ出してるため、仕上がりイメージがはっきりつかめません。そんなときにプレゼンテーションモードに切り替えます。

プレゼンテーションモードは、画面右下のステータスバーにある「スライドショー」アイコンをクリックします。

スライドがフルスクリーンモードになり、スライドからはみ出たオブジェクトが非表示になりました。ガイドも非表示になるのでガイドのオンオフを切り替える必要もありません。

操作方法

複数ページある場合は、「Page Up」キー、「Page Down」キー、「矢印」キー、「マウスホイール」でページ送りができます。

プレゼンテーションモードを終了させたい時は、「Esc」キーを押しましょう。

スライドの境界線にガイドを引く

スライドからオブジェクトがはみ出ると、スライドの境界線が見えなくなってしまい、どこまでがスライド内に入っているか確認しづらい時があります。

Illustratorのように、スライドからはみ出たオブジェクトを非表示にしながら編集するモードもありません。

そんな時は、スライドの境界線にガイドを引いておくと境目がはっきりして作成しやくすくなるでしょう。

ガイドを上下左右に引くのは地味に手間ですが、ガイドを追加するマクロを使うと自動で引くとこができるので便利です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA ガイドを上下左右に追加するマクロ
PowerPoint VBAを使い、ガイドを上下左右に追加してマージン(余白)を作るマクロをご紹介し…
スポンサーリンク

まとめ

プレゼンテーションモードは、ポスターやフライヤーなどの印刷物の仕上がり確認に適したモードです。プリントする前にイメージ通りの仕上がりになっているか確認すると良いでしょう。

上図のようにスライドからはみ出た部分を図形で隠していた方は活用してみてはいかかでしょうか?