PowerPointで画像を透過して背景に馴染ませる方法

PowerPointで画像を透過して背景に馴染ませる方法をご紹介します。Illustratorでは「不透明度」で画像を透過できますが、PowerPointのスライドに画像を直接配置した状態では透明度が変更できないので、一手間かける必要があります。

図形に画像を挿入する

画像を挿入したいサイズで四角形を作成しましょう。後でリサイズしても構いません。

「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」をクリックします。すると自動的に図形がテクスチャで塗りつぶされます。

次に図の挿入元から「ファイル」をクリックして挿入したい画像を選択しましょう。

図形に画像が挿入されました。

  • コピーした画像を「クリッピボード」からも挿入できますが、解像度が下がってしまうので注意が必要です。

図形に画像がフィットした状態で挿入されたので、縦横比をリセットして元の比率に戻しましょう。「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」の「塗りつぶし」をクリックします。

画像の縦横比が元に戻りました。

  • 図形をリサイズして画像の縦横比が変わってしまった場合は、「トリミング」の「塗りつぶし」で縦横比を元に戻しましょう。

図形からはみ出した部分がカットされるので、必要に応じて画像を移動させてトリミングします。

透明度を変更する

「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を「50%」に変更します。

更に背景に馴染ませたい場合は「図の書式設定」→「図形のオプション」→「効果」の「ぼかし」を「10pt」に変更して境界線をぼかします。

以上で完成です。おつかれさまでした(^^)

画像にも透明度の設定があったら便利なのにな。それと乗算の設定も。

お願いマイクロソフト!