PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint「画像の透過」透明度を下げ薄くする方法

PowerPointで画像や写真を透過(透明化)して薄くする方法をご紹介します。

Illustratorは「不透明度」で画像を直接透過できますが、PowerPointは直接透過できない為、画像を図形の中に挿入してから透過する必要があります。

スポンサーリンク

画像を透過できる状態にする

画像を図形の中に挿入して透明度の調整ができる状態にします。挿入方法が2パターンあるので状況に合わせて使い分けましょう。

ファイルから挿入する

PCにある画像を図形の中に挿入する方法です。

四角形を画像を挿入したいサイズで作成します。後でリサイズできるので大体のサイズでも構いません。

図形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」→「画像ソース」の「挿入する」をクリックします。

「画像の挿入」ダイアログが開くので「ファイルから」をクリックし、PCにある画像を選択します。

図形に画像が挿入できました。しかし、画像の縦横比が図形にフィットした状態で挿入されたので、リセットして元の比率に戻します。

画像を挿入した図形を選択し、「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」→「塗りつぶし」を選択します。

画像の縦横比が元に戻りました。枠からはみ出してる部分はトリミングされます。

  • 図形をリサイズして画像の縦横比が変わってしまった場合は、「トリミング」の「塗りつぶし」で元の縦横比に戻すことができます。

図形からはみ出したグレーの部分がトリミングでカットされる範囲です。必要に応じて画像を移動したり図形を広げて調整しましょう。

画像が透過できる状態になりました。

クリップボードから挿入する

スライドに配置した画像やスクリーンショットを撮った画像を図形の中に挿入する方法です。

クリップボードから挿入すると解像度が「150ppi」に下がってしまうので、挿入画像を挿入図形の2倍程度に拡大しておきます。拡大することによって解像度の低下を抑えることができます。

拡大した挿入画像を「Ctrl + C」でコピーし、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」→「画像ソース」の「クリップボード」をクリックします。

スクリーンショットを撮った画像を挿入したい時は、「Windows」+「PrintScreen」キーなどでスクリーンショットを撮った後に「画像ソース」の「クリップボード」をクリックします。

図形に画像が挿入できました。

トリミング方法は「ファイルから挿入」と同じです。

スポンサーリンク

画像を透過する

画像を図形に挿入できたら透明度を下げましょう。

画像を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を調整します。

半調にしたい場合は「透明度:50%」にします。

  • PowerPointは「透明度」、Illustratorは「不透明度」と言い回しが異なり、PowerPointの「透明度:30%」は、Illustratorの「不透明度:70%」と同じ透明度になります。

画像が透過できました。

画像の境界線をぼかす

画像の境界線をぼかすと、より周囲に馴染ませることができます。

画像を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」の「ぼかし」を設定します。

画像の境界線がぼけました。

画像の背景だけを透明にする

画像や写真の背景だけを透明にする方法は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで写真の背景を透明にする2つの方法
PowerPointで写真の背景を透明にする方法をご存知でしょうか?Photoshopなどの画像加工…