PowerPointで画像を透過して背景に馴染ませる方法

スポンサーリンク

PowerPointで画像(図)を透過して背景に馴染ませる方法をご紹介します。

Illustratorでは「不透明度」で画像を透過できますが、PowerPointでは配置した画像を直接透明にできないので、一手間かける必要があります。

スポンサーリンク

画像を透過できる状態にする

画像を図形の中に挿入することで透明度が設定できるようになります。

画像の挿入方法を2パターンご紹介します。

ファイルから挿入する

画像を挿入したいサイズで四角形を作成します。

後でリサイズできるので大体のサイズでも構いません。

図形を選択し、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」をクリックします。

続いて「画像ソース」→「挿入する」をクリックします。

「画像の挿入」ダイアログが開くので「ファイルから」をクリックし、任意の場所から画像を選択します。

図形に画像が挿入できました。

しかし、画像の縦横比が図形にフィットした状態で挿入されたので、リセットして元の比率に戻します。

「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」→「塗りつぶし」をクリックします。

画像の縦横比が元に戻りました。

  • 図形をリサイズして画像の縦横比が変わってしまった場合は、「トリミング」の「塗りつぶし」で元の縦横比に戻すことができます。

図形からはみ出たグレーの部分がカットされるので、必要に応じて画像を移動させてトリミングします。

画像が透過できる状態になりました。

スポンサーリンク

クリップボードから挿入する

スライドに配置されている画像を図形の中に挿入する方法です。

クリップボードから挿入すると解像度が「150ppi」に下がってしまうので、挿入画像を挿入図形の2倍程度にリサイズしておきます。

画像をコピーし、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」をクリックします。

続いて「画像ソース」→「クリップボード」をクリックします。

以降は「ファイルから挿入」と同じです。

画像を背景に馴染ませる

画像の透明度を調整する

透過できる状態にした画像を選択し、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を調整します。

半調にしたい場合は「50%」にします。

画像が透過されました。

画像の境界線をぼかす

更に背景に馴染ませたい場合は、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「効果」の「ぼかし」を調整して境界線をぼかします。

画像が背景に馴染みました。

以上が「画像を透過して背景に馴染ませる方法」です。

おつかれさまでした(^^)

画像に透明度の設定があったら便利なのにな。

それと乗算の設定も。

お願いマイクロソフト!