パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint「画像の透過」透明度を下げ薄くする方法

PowerPointで画像や写真を透過(透明化)して薄くする方法をご紹介します。

Illustratorは「不透明度」で画像を直接透過できますが、PowerPointは直接透過できない為、画像を図形の中に挿入してから透過する必要があります。

スポンサーリンク

画像を透過できる状態にする

画像を図形の中に挿入して透明度の調整ができる状態にします。挿入方法が2パターンあるので状況に合わせて使い分けましょう。

ファイルから挿入する

PCにある画像を図形の中に挿入する方法です。

四角形を画像を挿入したいサイズで作成します。後でリサイズできるので大体のサイズでも構いません。

図形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」→「画像ソース」の「挿入する」をクリックします。

「画像の挿入」ダイアログが開くので「ファイルから」をクリックし、PCにある画像を選択します。

図形に画像が挿入できました。しかし、画像の縦横比が図形にフィットした状態で挿入されたので、リセットして元の比率に戻します。

画像を挿入した図形を選択し、「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」→「塗りつぶし」を選択します。

画像の縦横比が元に戻りました。トリミング枠からはみ出したグレーの部分はマスクされて非表示になります。

  • 画像の縦横比が変わってしまった場合は、「トリミング」の「塗りつぶし」で元の縦横比にリセットすることができます。

必要に応じてを画像の位置、サイズ、トリミング範囲を調整しましょう。

画像を透過する準備が整いました。

クリップボードから挿入する

スライドに配置した画像や、「Windows」+「PrintScreen」キーまたは「Windows」+「Shift」+「S」キーでスクリーンショットを撮った時に、クリップボードに保存された画像を図形の中に挿入する方法です。

クリップボードから挿入すると解像度が「150ppi」に下がってしまうので、挿入画像を使用サイズの2倍程度に拡大しておきます。拡大することによって解像度の低下を抑えることができます。

拡大した挿入画像を「Ctrl + C」キーでコピーし、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」→「画像ソース」の「クリップボード」をクリックします。

スクリーンショットを撮った画像を挿入したい時は、「Windows」+「PrintScreen」キーなどでスクリーンショットを撮った後に「画像ソース」の「クリップボード」をクリックすればOKです。

図形に画像が挿入できました。

トリミング方法は「ファイルから挿入」と同様です。

スポンサーリンク

画像を透過する

画像を図形に挿入できたら透明度を下げましょう。

画像を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を調整します。

半調にしたい場合は「透明度:50%」にします。

  • PowerPointは「透明度」、Illustratorは「不透明度」と言い回しが異なり、PowerPointの「透明度:30%」は、Illustratorの「不透明度:70%」と同じ透明度になります。

画像を透過できました。

自動で透過させるマクロ

前項の四角形にクリップボードから画像を挿入して透過させる一連の操作を、ほぼ自動で行うマクロです。画像を透過するだけなのに操作の手順が多すぎると思い作成しました。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで透過用の四角形を画像と同サイズで作るマクロ
PowerPoint VBAを使い、透過用の四角形を選択中の画像と同じサイズで作るマクロをご紹介しま…

グラデーション透過をかける

画像にグラデーション透過をかけて部分的に透明にする方法です。

塗りつぶし(グラデーション)で透過させる

画像を用意します。

画像と同じ大きさの四角形を画像の前面に配置します。

四角形を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(グラデーション)
  • 角度:0°
  • グラデーションの分岐点1:白色、位置0%、透明度0%
  • グラデーションの分岐点2:白色、位置100%、透明度100%

右から左へ徐々に透明になるグラデーション透過がかかりました。

下から上へのグラデーション透過は「角度:90°」に。

左から右へのグラデーション透過は「角度:180°」に。

上から下へのグラデーション透過は「角度:270°」に設定しましょう。

ぼかし効果で透過させる

前項のグラデーション透過させる方法は、透過部分が実際に透けている訳ではなく、白色グラデーションで画像を消して透明に見せている状態になります。この方法は、背景が白色の時にしか有効ではありません。

しかし、神業を使えばグラデーション透過の透過部分を透明にして背景を透かせることが可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで写真の一部(片方)の縁をぼかす神業
PowerPointで「写真の上下左右の一部の縁だけをぼかしたい!」そんな願いを叶えます。もうIll…
スポンサーリンク

背景を透明にして被写体を切り抜く

画像の被写体の周りの背景だけを透明にさせて、被写体を切り抜いた状態にしたい場合もあります。画像の切り抜きもPhotoshopなどの画像加工ソフトを使わなくても、PowerPointだけで加工が可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで写真の背景を透明にする2つの方法
PowerPointで写真の背景を透明にする方法をご存知でしょうか?Photoshopなどの画像加工…