スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで画像の一部の縁をぼかして背景に馴染ませる方法

PowerPointで「画像の上下左右いずれかの縁だけをぼかしたい!」そんな願いを叶えます。

もうIllustratorで不透明マスクをかけたり、Photoshopでぼかしたい部分を削除しなくても大丈夫!PowerPointだけでできる「部分縁ぼかし」テクニックをご紹介します。

スポンサーリンク

画像の周辺をぼかす

画像を配置します。

「図の書式設定」→「効果」の「ぼかし」を「50pt」に変更します。

  • ぼかしの値は画像の大きさに合わせて設定してください。

画像の底辺だけをぼかす

「図の書式設定」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を「塗りつぶし(単色)」に変更します。色は何色でも構いません。見た目は変わりませんが、画像の背景が塗りつぶされた状態になりました。

底辺以外のぼかしをなくす

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「サイズ」グループ →「トリミング」アイコンをクリックします。

「トリミング」モードになりました。上左右のハンドルをドラッグしながら外に移動させてトリミングボックスを広げます。

画像の上左右にぼかしがかからない位置までハンドルを移動させましょう。背景にぼかしが設定され、画像がぼけるのを回避できます。

「トリミング」アイコンをクリックし、「トリミング」モードを解除すると、画像の底辺だけがぼけた状態になります。

スポンサーリンク

不要な背景を削除する

画像を「Ctrl + C」でコピーし、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「図(PNG)」を選択して「OK」をクリックすると、画像が「PNG画像」としてスライドにペーストされます。

  • 「図(PNG)」で貼り付けると画像の解像度が低下するので、画像を使用するサイズ以上に拡大してから貼り付けましょう。

貼り付けた画像を選択し、再び「トリミング」モードで上左右のハンドルを画像の縁まで移動させ、背景をカットします。

トリミングをして背景を隠している状態なので、不要な背景を完全に削除します。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「図の圧縮」をクリックします。

「画像の圧縮」ダイアログが開くので「この画像だけに適用する」と「図のトリミング部分を削除する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

背景が完全に削除されました。

ぼかした部分は透過しているため、背景とも馴染みます。

以上が「部分縁ぼかし」テクニックです。おつかれさまでした(^^)