スポンサーリンク

PowerPointでWordを使わずルビ(ふりがな)を振る方法

PowerPointでルビ(ふりがな)を振る機能はありませんが、文字サイズと行間をうまく調節することで、Wordのオブジェクトを挿入しなくてもPowerPointだけでルビを振ることが可能です。

スポンサーリンク

PowerPointでルビを振る

ルビを振りたいテキストを用意します。今回は寺尾聡の大ヒットナンバー「ルビーの指環」の「指環」にルビを振ります。「指輪」ではなく「指環」なところがシブいですね。

一行上に本文の1/2くらいのフォントサイズでルビを入力します。ルビと本文はEnterで改行してください。

「ゆ」の前にカーソルを入れた状態で「ルーラー」にあるマーカーの1番上の三角形をドラッグしながら右へ移動させ、ルビを指環の上までインデントします。

続いてルビの字間を広げます。ルビを選択した状態で「ホーム」タブ →「フォント」グループ →「文字の間隔」の「より広く」を選択します。漢字とルビの長さによって間隔が変わるので、その都度調整しましょう。

ルビの字間が広がりました。

ルビと漢字の行間を詰めたい場合は「ホーム」タブ →「段落」グループ の「右下の矢印」をクリックします。

「段落」ダイアログが開くので、「インデントと行間隔」タブの「間隔」を「行間:倍数」「間隔:0.9」に変更します。フォントによって間隔の数値は異なります。

ルビと漢字の行間が詰まりました。

変形を適用すると、ルビ付きで斜体にすることも可能です。

文字を斜体にする方法は「PowerPointで斜体を思うがままの角度に傾ける方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで斜体を思うがままの角度に傾ける方法
PowerPointで通常の文字を斜体にする方法では傾きの角度を調整することができません。そこで、I…
スポンサーリンク

Wordでルビを振る方法

Wordでルビを振る方法もご紹介します。

「挿入」タブ →「テキスト」グループ →「オブジェクト」をクリックします。

「オブジェクトの挿入」ダイアログが開くので「Microsoft Word Document」を選択して「OK」をクリックします。

PowerPoint上でWordの編集画面に切り替わります。黒枠で囲われたボックス内にルビを振りたい文字を入力しましょう。

ルビを振りたい漢字を選択した状態で「ホーム」タブ →「フォント」グループ →「ルビ」をクリックします。

「ルビ」ダイアログが開くのでルビが合っているか確認し、「OK」をクリックします。

ルビが振れました。

ボックスサイズがそのままPowerPoint上でのオブジェクトサイズになるのでコンパクトにしましょう。

ボックス外をクリックするとPowerPointの編集画面に戻ります。

  • PowerPointとWordを行き来して編集がしづらいので、PowerPointのみでルビを振るのがおすすめです。