スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで目的のフォントを秒で選択する方法

PowerPointでフォント一覧からフォントを選択する場合、数あるフォントの中から目的のフォントを瞬時に選択するのは至難の技です。

例え、並び順を覚えていてもフォントの種類が多ければ目的のフォントまで移動するのに時間がかかります。

そこで、目的のフォントを秒で選択できるようになる「フォントクイックセレクトテクニック」をご紹介します。

スポンサーリンク

最近使用したフォントから選択する

一度フォント一覧から選択したフォントであれば、「最近使用したフォント」から選択できます。

  • ファイルを閉じるとリセットされます。同時に複数ファイルを開いている場合、別ファイルに移動しても引き継がれません。

ファイルを一度閉じてから選択する

選択中のフォントのフォントファミリーを素早く選びたいときに便利なテクニックです。

フォントを選択し、フォント一覧を開いたときに「最近使用したフォント」内にカーソルがあった場合、一度ファイルを保存してPowerPointを再起動します。

もう一度フォントを選択し、フォント一覧を開くと、「すべてのフォント」内にある選択中のフォントが選択された状態になり、フォントファミリーが素早く選択できます。

フォントウィンドウに直接入力する

フォントウィンドウに直接フォント名を入力することで検索ができます。

例えば「Impact」にしたいとき、頭文字の「i」を入力すれば残りの文字が自動で入力されるのでenter keyを押せば変更できます。別のフォントが表示されるのであれば「i」以降も入力してフォントを絞ります。

フォントの置換も直接入力を活用しましょう。「フォントの置換」ウィンドウから置換後のフォントを選択して…は時間がかかるので、置換したいテキストボックスを全選択してフォントウィンドウにフォント名を入力したほうが効率的です。

よく使うフォントはフォント名をWindowsなら「Microsoft IME ユーザー辞書ツール」、Macなら「ユーザ辞書」に単語登録しておけば、フォントウィンドウに素早く入力できます。

スポンサーリンク

既定のテキストボックスに設定する

ファイル内で同じフォントしか使わないのであれば、既定にしたいフォントのテキストボックスを選択し、右クリックメニューで「既定のテキストボックスに設定」を選択します。

設定すると次から作成するテキストボックスは全て既定にしたフォントで作成されるので、フォントを選択する必要がなくなります。

  • 設定したファイルのみに有効です。

フォントリストファイルを作成する

よく使うフォントが複数ある場合はフォントリストを別ファイルに作成しましょう。よく使うフォントをフォント名を入力して並べておけばコピペするだけで使いたいフォントが使用できます。ゴシック体、明朝体、手書き風などカテゴリー別に決めておくと便利でしょう。

「フォントをフォント一覧から選ばない方法」が1番素早く効率的です。

以上で紹介した「フォントクイックセレクトテクニック」を組み合わせれば、迷うことなく秒でフォントが選択できるようになるでしょう。