パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで外枠をA4スライドの周囲に一瞬で作る方法

PowerPointでフレームの図形を使い、A4サイズのスライドに外枠を作る方法をご紹介します。

合わせて、VBAを使い枠の幅を指定するマクロ、枠を利用して線にパターンを設定した風に見せる方法、印刷時にスライドに枠線を付ける方法も解説します。

スポンサーリンク

外枠を図形のフレームで作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「フレーム」をクリックします。

A4サイズで「フレーム」を描きます。左上の調整ハンドルで「枠の幅」を調整できます。

ガイドを引いておくと指定のサイズで枠の幅を合わせやすくなります。

上図のように、PowerPointでガイドを設定するのは少し手間ですが、VBAの自動処理を使えば簡単に引くことができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA ガイドを上下左右に追加するマクロ
PowerPoint VBAを使い、ガイドを上下左右に追加してマージン(余白)を作るマクロをご紹介し…

枠幅指定でスライドサイズの枠を作成するマクロ

前項でガイドに合わせて枠の幅を調整する方法をご紹介しましたが、より簡単に枠の幅を調整できるマクロを作りました。

作りたい枠の幅を「mm」で入力するだけで、指定幅の枠をスライドサイズで作成することができます。

コード

Sub 枠幅指定でスライドサイズの枠を作成()

    Dim frameWidth As String
    Dim n As Long
    Dim w As Single
    Dim h As Single
    Dim shp As Shape
    
    '枠の幅を入力
    frameWidth = InputBox("枠の幅を入力してください。" & vbCrLf & _
    "(単位: mm)")
    
    '枠の幅をインチに変換
    frameWidth = Round(frameWidth * 72 / 25.4, 1)
    
    '数値以外が入力された場合はマクロを終了
    If IsNumeric(frameWidth) Then
        ElseIf frameWidth = "" Then
        Exit Sub
    Else
        msg = "数値を入力してください。"
        MsgBox msg
        Exit Sub
    End If
        
    '選択中のスライド番号を取得
    n = ActiveWindow.Selection.SlideRange.SlideIndex
    
    'スライドサイズ取得
    w = ActivePresentation.PageSetup.SlideWidth
    h = ActivePresentation.PageSetup.SlideHeight

    With ActivePresentation

            'スライドサイズの枠を作成
            Set shp = .Slides(n).Shapes.AddShape( _
            Type:=msoShapeFrame, _
            Left:=0, _
            Top:=0, _
            Width:=w, _
            Height:=h)
      
            '枠の辺の長さを比較
            If w < h Then
            
                '枠の幅
                shp.Adjustments(1) = frameWidth / w
            Else
                '枠の幅
                shp.Adjustments(1) = frameWidth / h
                
            End If
                    
            '枠の色
            shp.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)
            '線なし
            shp.Line.Visible = msoFalse

    End With
End Sub

枠の幅を入力するだけなので調整いらずです。図形の調整ハンドルの位置を「Adjustments」オブジェクトの値で指定しています。

スポンサーリンク

線にパターンを設定した風に見せる

図形の「フレーム」のその他の活用例をご紹介します。

図形の線幅にパターンを設定することはできませんが、「フレーム」の塗りをパターンで塗りつぶして枠の幅を細くすると、線幅にパターンを設定したように見せることができます。

上図の作例は、「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」にオリジナルで作ったストライプパターンを設定しています。

パターンの作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで縦・斜めストライプを作り太さ調整する方法
PowerPointで太さ調整が可能な縦と斜めストライプパターン(縞模様)を作る方法をご紹介します。…

色んな枠を作ってみよう!

図形の「フレーム」以外にも、PowerPointには枠を作れる図形がたくさんあります。参考例として、20パターンの飾り枠を作りました。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで使える飾り枠(フレーム)素材集A4用22選
PowerPointで使えるA4サイズ用の飾り枠(フレーム)の素材集です。図形の組み合わせが織りなす…

印刷時にスライドに枠線を付ける

A4用紙などに印刷する場合、スライドサイズと用紙の境目を分かりやすくするために「スライドに枠を付けて印刷する」方法があります。

枠付き印刷をしたくてこの記事にたどり着いた方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでスライドに枠を付けて印刷する方法
PowerPointでA4用紙などに印刷する場合、スライドサイズと用紙の境目を分かりやすくするために…