PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointの画像が保存やPDFで劣化しない設定方法

PowerPointの画像が保存やPDF変換時に解像度が落ちて画質が劣化してしまう時の対処法です。

PowerPointには、解像度を勝手に落とす初期設定があるので、意図せず画像が圧縮されないように「高解像度で保存する設定」に変更しましょう。

スポンサーリンク

pptxファイル保存時に画像を圧縮しない

pptxファイル保存時に画像が劣化してしまう時の設定方法です。

「ファイル」タブ →「オプション」→「PowerPointのオプション」ダイアログを開きます。

「詳細設定」→「イメージのサイズと画質」の「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れます。チェックをすることにより、画像が圧縮されない設定になったので、元画像の解像度が保たれたまま保存できます。

もし、挿入画像が多くてファイルサイズが大きくなりすぎる場合は、「ファイル内のイメージを圧縮しない」のチェックを外し、「既定の解像度」を「330ppi」の設定にしましょう。「330ppi」がなければ「220ppi」にします。

  • 画像の解像度が元から低ければ、「既定の解像度」を上げても画質は綺麗になりません。

解像度についての詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint:印刷用の高品質な画像解像度に設定する
挿入した画像が劣化しないように印刷用の設定をします。プレゼンテーション用の解像度の設定になっていると…
スポンサーリンク

PDF変換時に画像を圧縮しない

PDF変換時に画像が劣化してしまう時の設定方法です。

「Ctrl + Shift + S」キーで「名前をつけて保存」ウィンドウを開きます。

「ファイルの種類:PDF」を選択し、右下の「ツール」から「画像の圧縮」を選択します。

「画像の圧縮」ダイアログが開くので、「HD(330ppi):高解像度(HD)表示用の高品質」を選択し、「OK」をクリックしてから保存します。「HD(330ppi)」がなければ「印刷用(220ppi)」にしましょう。

  • 画像の解像度が元から低ければ、解像度を上げても画質は綺麗になりません。