目的別に探せる【PowerPoint逆引き辞典】公開中 ▶︎

PowerPointの画像が保存やPDFで劣化しない設定方法

スポンサーリンク

PowerPointの画像が保存やPDF変換時に解像度が落ちて画質が劣化してしまう時の対処法です。

PowerPointには、解像度を勝手に落とす初期設定があるので、意図せず画像が圧縮されないように「高解像度で保存する設定」に変更しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

pptxファイル保存時に画像を圧縮しない

pptxファイルを保存するときに画像が劣化してしまう場合の設定方法です。

「ファイル」タブ →「オプション」→「PowerPointのオプション」ダイアログボックスを開きます。

  • 「PowerPointのオプション」ダイアログボックスは「Alt → F → T」キーの順に押して開くこともできます。

「詳細設定」→「イメージのサイズと画質」にある「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れます。チェックをすることにより保存時に画像が圧縮されない設定になるので、元画像の解像度が保たれたまま保存できます。

  • 「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れた状態では、「既定の解像度」の値は画像に影響しません。

「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れても、スライド上ですでに劣化してしまった画像は、元の画像を再挿入する必要があります。

ファイル内に多数の画像を貼り付けていてファイルサイズが大きくなりすぎる場合は、「ファイル内のイメージを圧縮しない」のチェックをはずし、「既定の解像度」を「高品質」に設定しましょう。
さらにファイルサイズを落としたい場合は「330ppi」を選択します。

  • 既定の解像度を「330ppi」にすると画像のサイズによって劣化しすぎてしまう場合があるので注意が必要です。
  • 画像の解像度が元から低ければ、「既定の解像度」を上げても画質はきれいになりません。
スポンサーリンク

印刷用の高品質な画像解像度に設定する

解像度については、次の記事で詳しく解説しています。

PowerPointで印刷用の高品質な画像解像度に設定する方法
PowerPointで画像が劣化しないように印刷用の高品質な解像度で保存する方法です。プレゼンテーシ…

PDFをぼやけないように貼り付ける

PowerPointにPDFを高解像度でぼけないように貼り付ける方法は、次の記事で詳しく解説しています。

PowerPointにPDFをぼやけないように貼り付ける方法
PowerPointでPDFファイルを挿入したり、Snipping Toolなどでキャプチャーした画…