スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint:印刷用の高品質な画像解像度に設定する

スライドに挿入した画像が劣化しないように印刷用の設定をします。

プレゼンテーション用の解像度の設定になっていると、画像挿入時は劣化しないため気づきませんが、保存して1度ファイルを閉じ、再び開けた時に圧縮が反映されて劣化してしまうので注意が必要です。

劣化された画像は元の解像度に戻せないため、元画像を再度挿入する必要があります。

スポンサーリンク

印刷用の解像度に設定する

「ファイル」タブ →「オプション」→「PowerPointのオプション」ダイアログを開きます。

「PowerPointのオプション」ダイアログの「詳細設定」→「イメージのサイズと画質」にある設定を見ていきましょう。

ファイル内のイメージを圧縮しない

「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックすると挿入した画像の解像度は圧縮されませんが、ファイスサイズが非常に大きくなる可能性があります。

チェックを外すと「既定の解像度」の設定以上の解像度の画像が挿入されている場合、「既定の解像度」の設定の解像度に下がります。

更にスライド内で画像を縮小すると、「高品質」以外は縮小したサイズに画像サイズもリサイズされてしまいます。画像の圧縮はファイルを閉じると実行されます。

既定の解像度の設定

  • 高品質(362ppi):元の画像の品質を保持
  • HD(330ppi):高解像度(HD)表示用の高品質
  • 印刷用(220ppi):ほとんどのプリンターと画面で優れた品質が得られます。
  • 印刷用の「220ppi」は画像を縮小しすぎると画質の劣化が激しくなるので、印刷用にはあまりお勧めできません。それほど高品質を求めないのであれば「220ppi」で十分でしょう。
  • 元画像以上の解像度には上がりません。

プレゼンテーション用の解像度の設定

  • Web(150ppi):Webページやプロジェクターに最適
  • 電子メール用(96ppi):ドキュメントのサイズを最小限に抑え、共有に適しています。
  • 「150ppi」「96ppi」に圧縮すると画質の劣化が激しいので、印刷用にはお勧めできません。

まとめ

「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックを入れるか、チェックを入れない場合は「既定の解像度」の設定を「高品質」にすると画像の劣化が少ないのでオススメです。

  • 以上の設定はファイルごとに変更する必要があります。