パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで水滴(しずく・雨粒)を作る方法

PowerPointで水滴(しずく・雨粒)を図形を組み合わせて簡単に作る方法をご紹介します。

水滴は図形の「涙形」でも作れますが、違和感がある形になってしまいます。

今回は、涙形で作るよりも、ふっくらとしたかわいい水滴を作ります。

スポンサーリンク

図形の涙型で水滴を作成する

まずは、図形の「涙形」で水滴を作って違和感を確かめましょう。

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「涙形」を選択します。

涙形を「色:薄い青(RGB:0,176,240)」で描きます。

図形を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」を「高さ:6cm」「幅:6cm」「回転:-45°」に設定します。

図形を「-45°」回転させた状態で、上にある調整ハンドルを真上にドラッグしながら移動させます。

水滴型になるように調整して完成です。水滴はできましたが、曲線に違和感を感じます。

そして、現状ではプレースホルダーが傾いている為、高さや幅を変更すると形が歪んでしまいます。

図形を組み合わせて水滴を作成する

図形を組み合わせて水滴を作成しましょう。組み合わせる図形は「涙形」と「ハート」です。

涙形でパーツを作成する

涙形を「色:薄い青(RGB:0,176,240)」で描き、「-45°」回転させます。

続いて、プレースホルダーが傾いているのでリセットします。

涙形の中に収まるように涙形と同じ色で四角形を描きます。

図形を「Shift」キーを押しながら四角形、涙形の順にクリックして選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

プレースホルダーがリセットされて水平状態になりました。

サイズを「高さ:12.6cm」「幅:10cm」にリサイズして完了です。

ハートでパーツを作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「ハート」を選択します。

ハートを「高さ:10cm」「幅:10cm」で描きます。色は分かりやすくピンクにしていますが、涙形と同じ色で構いません。

 

ハートを上下反転させて完了です。

パーツを結合する

作成した「涙形」と「ハート」の図形を結合して水滴を作ります。

ハートの背面に涙形を重ね合わせ、「上中央揃え」で整列させます。

図形を「Shift」キーを押しながら涙形、ハートの順にクリックして選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

ふっくらとしたかわいい水滴が完成しました。

スポンサーリンク

水滴パターンを作成する

パターンにする図形を作成する

水滴を「高さ:3.6cm」「幅:2.8cm」にリサイズします。その背面に正方形を「高さ:5cm」「幅:5cm」で描き、2つの図形を「上下左右中央揃え」で整列させます。正方形の色は何色でも構いません。

整列させた2つの図形を複製させ、元の正方形の右下の頂点と複製した正方形の左上の頂点をスマートガイドで吸着させて重ね合わせます。

スマートガイドの使い方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法
PowerPointで図形を綺麗に揃える方法の1つに、Illustrator同様「スマートガイド」の…

水滴の背面に配置した2つの正方形を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の「透明度」を「100%」に設定します。

以上で、パターンにする図形の完成です。

パターンで塗りつぶす

作成したパターンで図形を塗りつぶします。

パターンで塗りつぶす正方形を「高さ:15cm」「幅:15cm」で描きます。

パターンにする図形を「Ctrl + C」キーでコピーした状態で正方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形を挿入します)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形をタイル状に並べます)
  • 幅の調整:48%(横方向のサイズ調整)
  • 高さの調整:48%(縦方向のサイズ調整)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

水滴パターンができました。

水滴を白抜きにする

水滴パターンの正方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「図」→「図の修整」の「明るさ」を「100%」に設定します。

すると、水滴が白色になります。同じサイズの正方形を背景に重ねて完成です。逆に「明るさ」を「-100%」にすると白色から反転して黒色になります。

水滴パターンの透明度の調整でコントラストを変化させることができます。

  • パターンと背景を分けて作成することで、色変更しやすい「使い回しが効く」データにしています。