【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで飛び出す立体文字と図形を3D効果で作る方法

PowerPointで飛び出す立体文字と立体図形の作り方をご紹介します。

立体オブジェクトは「3-D書式」と「3-D回転」効果を組み合わせて作ります。オブジェクトに斜め45度の影をつけて飛び出したように見せるテクニックです。

スポンサーリンク

立体文字を作る

影の設定

立体にしたい文字を用意します。今回はカラフルな立体文字を作ります。

始めに影が斜め45度につくように設定します。

テキストボックスを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「文字のオプション」→「文字の効果」→「3-D回転」→「標準スタイル」をクリックします。

ギャラリーから「斜投影:右下」を選択します。

続いて、「3-D書式」の「奥行き」の色を黒にし、サイズを入力して影の長さを決めます。影の長さはお好みで調整しましょう。

影がつき立体文字になりました。しかし、文字色が明るくなったので元の色に戻します。

「3-D書式」の「質感」をクリックします。

ギャラリーから「標準:つや消し」を選択します。

続いて「3-D書式」の「光源」をクリックします。

ギャラリーから「その他:フラット」を選択します。

文字色が元に戻りました。

輪郭の設定

文字に輪郭をつけます。

「3-D書式」の「輪郭」の「サイズ」を入力して輪郭の太さを決めます。輪郭のサイズもお好みで調整しましょう。

文字に輪郭がつきました。

  • 「奥行き」と「輪郭」は黒以外にもお好みの色に設定できます。
スポンサーリンク

立体図形を作る

立体図形にする場合は、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」の「3-D書式」と「3-D回転」を前項と同じように設定しましょう。

ポップな立体矢印を作りました。塗りに設定しているストライプの作り方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで縦・斜めストライプを作り太さ調整する方法
PowerPointで太さ調整ができる縦・斜めストライプパターン(縞模様)を作る方法をご紹介します。…