PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでドット絵が描けるキャンバスを作る方法

IllustratorやPhotoshopを使わずにPowerPointでドット絵(ピクセルアート)を描きたい!

そんなPowerPointユーザー必見のパワポで簡単にドット絵が描ける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

「16×16」のキャンバスを作成する

「16×16」のドット絵用キャンバスを作成します。

「デザイン」タブ →「ユーザー設定」グループ →「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

スライドサイズを「幅:16cm」「高さ:16cm」に設定します。

  • 「32×32」など、作成したいサイズに合わせてスライドサイズを設定しましょう。

続いて、グリッドを表示させます。

「表示」タブ →「表示」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログを以下の設定にします。

  • 位置合わせ:「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェック
  • グリッドの設定
    ・間隔:1cm
    ・「グリッドを表示」にチェック

スライドに1cm間隔でグリッドが表示されました。

「高さ:1cm」「幅:1cm」の「正方形」を作成し、スライドの左上に配置します。

最初の1つを右隣にコピーします。グリッドに吸着するので配置しやすいと思います。残りは「Ctrl + Y」で繰り返しペーストしてスライドを埋めましょう。

最後にスライド外によく使う色を並べてパレットを作成します。

以上で「16×16」のドット絵用キャンバスの完成です。

ドット絵を描く

作成したキャンバスにドット絵を描いていきましょう。

作成したパレットから使用したい色を選択して「Ctrl + Shift + C」で「書式のコピー」をします。

色を塗りたいマス目を選択して「Ctrl + Shift + V」で「書式のペースト」をすると色が塗れます。コピーした色が連続で塗れるので便利です。

この作業をせっせと繰り返してドット絵を描きましょう。まとめて選択できるマス目はまとめて色をペーストすると効率的です。

スマイルのドット絵の完成です。

  • 画像として保存する時は、PNG形式で保存すると画像が荒れることなく綺麗に保存できます。