パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで手書き風おしゃれ吹き出しの作り方

PowerPointの図形の吹き出しはパワポで作った感が強く、おしゃれな感じが出せません。

そこでパワポの機能のみで、吹き出しの線に筆圧の動きを出して、おしゃれな手書き風吹き出しにする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

吹き出しを作成する

まずは吹き出しの部分を作成します。

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「基本図形」の「雲」を選択します。

雲を上下反転させ、サイズを「高さ:6cm」「幅:10cm」「回転:-10°」にします。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」の「塗りつぶし」と「線」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし(単色):白
  • 線(単色):黒
  • 線幅:3pt
  • 線の先端:丸
  • 線の結合点:丸
  • 吹き出しを白抜きさせたい場合は「塗りつぶしなし」に設定しましょう。

続いて吹き出し口の作成です。

「基本図形」の「月」を選択します。

サイズを「高さ:3cm」「幅:1cm」にし、「塗りつぶし」と「線」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:白
  • 線:黒
  • 線幅:3pt
  • 線の先端:丸
  • 線の結合点:丸

作成した「月」を吹き出し口っぽく「雲」からはみ出すように配置しましょう。

2つの図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

図形が結合されました。オリジナルの吹き出しの完成です。
手書き風でなくて良ければ、ここまででOKです。

スポンサーリンク

吹き出しの線を手書き風にする

前項で作成した吹き出しを複製し、「塗りつぶし」と「線」を次のように設定します。

  • 塗りつぶしなし
  • 線幅:4pt
  • 実線/点線:長鎖線

設定を変更した吹き出しを更に複製します。

複製した吹き出しを「線幅:5pt」に設定します。

最初に作成した吹き出しの上に複製した2つの吹き出しを重ね合わせてグループ化します。すると線幅に筆圧の動きが出て、手書き風感が加わりました。

この状態でサイズを拡大縮小すると線幅が拡大縮小されないので画像化しましょう。

吹き出しを「Ctrl + C」キーでコピーし、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「図(PNG)」を選択して「OK」をクリックすると、吹き出しが「PNG画像」としてスライドにペーストされます。

画像化され拡大縮小が可能になりました。

手書き風フォントでより手書きっぽく

「MV Boli」などの手書きフォントを組み合わせると手書き感がアップします。

パワポで作ったとは思えない「手書き風おしゃれ吹き出し」の完成です。

おつかれさまでした(^^)