【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで下線吹き出しをグラフで作る方法

PowerPointでシンプルな下線のみの吹き出しを作る方法をご紹介します。

吹き出しのしっぽを「グラフ」で作り、図形の「線」を組み合わせて簡単に長さ調整できるようにします。

スポンサーリンク

吹き出しのしっぽをグラフで作る

準備

「挿入」タブ →「図」グループ →「グラフ」をクリックします。

「グラフの挿入」ダイアログが開くので、「散布図」→「散布図(直線)」を選択して「OK」をクリックします。

グラフが挿入され、同時にExcelのウィンドウも開きます。PowerPointとExcelが連動していて、Excelの値を変更するとグラフも変動します。

今回はグラフの形状が吹き出しのしっぽになるように値を入力し、グラフから取り出して利用します。

グラフの右上の「+」ボタンをクリックし、「グラフ要素」のチェックを全てはずして準備完了です。

Excelに値を入力する

グラフのExcelデータに値を入力し、折れ線を吹き出しのしっぽにします。

Excelには次のように値を入力しましょう。

 

コピペで簡単入力しよう!/

X の値Y の値
12
22
31
42
52

値が入力できたらグラフを確認しましょう。

折れ線が吹き出しのしっぽになっていれば成功です。

吹き出しのしっぽをグラフから取り出す

グラフを「Ctrl + C」キーでコピーした状態で「Ctrl + Alt + V」を押し、「形式を選択して貼り付け」ダイアログを開きます。

「貼り付ける形式」から「画像(SVG)」を選択して「OK」をクリックします。

グラフィックス形式で貼り付きました。

「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化を解除します。

  • グループ化解除時に表示される警告ダイアログは「はい」を選択します。

書式を次のように設定して完了です。

  • 高さ:1cm
  • 幅:2.6cm
  • 線色:黒
  • 線幅:2pt
  • 線の先端:フラット
  • 線の結合点:角
スポンサーリンク

長さ調整可能な吹き出しにする

グラフで吹き出しのしっぽの両端の線を長くすることも可能ですが、リサイズするとしっぽの形状が崩れてしまいます。

そこで、しっぽの両サイドに長さ調整が簡単にできる線を連結させます。

「図形ギャラリー」から「線」を選択します。

線を描き、書式を次のように設定します。

  • 高さ:2cm
  • 幅:0cm
  • 線色:黒
  • 線幅:2pt
  • 線の先端:フラット

線を選択し、「Alt + →」キーを6回押して「90°」回転させます。

線を吹き出しのしっぽの左側にスマートガイド機能(使い方を参照)で吸着させ、上図のようにぴったり連結させます。

線を複製して左右反転させ、右側にも同じように連結させます。

長さ調整可能な下線吹き出しの完成です。

  • 複製した線を左右反転させるのは、基準点を右から左にするためです。

下線吹き出しの長さを調整する

下線吹き出しの長さは、ボタンのクリックで簡単に調整できます。

両端の線を選択します。

線を選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」の「高さ」の右側にある「上下の三角ボタン」をクリックして長さ調整します。

線が吹き出しのしっぽを基準点として左右に伸縮するので、調整が簡単です。