スポンサーリンク

PowerPointで手書き風「実線・点線・破線・波線」の作り方

PowerPointでも手書き風のフォントや素材を使って温かみのあるデザインを作成したい!

そんな手書き好きの夢を叶えるテクニック、PowerPointで簡単にできる手書き風の罫線「実線・点線・破線・波線」の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

手書き風のフォントを使用する

Illustratorのラフ効果のようにオブジェクトのアウトラインに凹凸を加えて手書き風にする便利ツールがPowerPointにはありません。

なので潔くパソコンに標準インストールされている手書き風フォント「Segoe Print」の記号を組み合わせて罫線を作成します。

実線(通常の罫線)を作成する

Segoe Printの全角ダッシュ「―」をテキストボックスに連続入力しましょう。入力方法がわからない場合は「―」をコピペしてください。

好みの長さまで入力したらアウトライン化してバウンディングボックスを線にフィットさせましょう。

フォントをアウトライン化する方法は「PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法
PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法をご紹介します。フォントの埋め込みや画…

点線を作成する

Segoe Printの三点リーダー「…」をテキストボックスに連続入力しましょう。

破線(ミシン線)を作成する

Segoe Printのハイフン「-」をテキストボックスに連続入力しましょう。

スポンサーリンク

波線を作成する

Segoe Printのニアリーイコール「≈」をテキストボックスに連続入力しましょう。チルダ~」で作成できればベストなのですが連結部分が綺麗に重なりませんでした。

フォントサイズ「24pt」で「≈」を連続入力します。字間が空いているので文字の間隔をつめて連結させます。

「ホーム」タブ →「フォント」グループ →「文字の間隔」→「その他の間隔」を選択します。

「フォント」ダイアログ →「文字幅と間隔」タブの文字間隔の幅を 「6pt」つめます。

文字が重なり合って波線になりました。このままでは二重波線なので下の波線を消します。

長方形を作成して下半分を隠します。

波線と長方形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択します。

接合され一本の波線になりました。

以上で手書き風「実線・点線・破線・波線」の完成です。おつかれさまでした(^^)