PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでジグザグ線や階段をグリッドで綺麗に作る方法

PowerPointで「ジグザグ線(ギザギザ線)」や「階段」をグリッドのスナップ機能を使って綺麗に作る方法をご紹介します。

Illustratorでは、直線にパスの変形の「ジグザグ」を適用することでジグザク線や波線を作ることができます。

PowerPointでは、ジグザグ線を直接作る機能がないので図形を組み合わせて作ります。

スポンサーリンク

グリッドを使用する

グリッドの表示をオンにして、オブジェクトをスナップさせながら作成していきます。

「表示」タブ →「表示」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログをが表示されるので、「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」と「グリッドを表示」にチェックを入れます。

L字の図形を作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「L字」を選択します。

グリッドに沿って「高さ:2cm」「幅:2cm」「塗りなし」「線幅:5pt」で描きましょう。

上の調整ハンドルを左の頂点まで移動させます。

続いて、左の調整ハンドルを下の頂点まで移動させます。

L字の図形になりました。

スポンサーリンク

階段からジグザク線を作成する

階段を作成する

L字の図形をグリッドに沿って複製します。複製ができたらグループ化しておきましょう。

上下反転させて「階段」の完成です。

ジグザグ線を作成する

階段を「Shift」を押しながら回転させて水平にしましょう。

画像として保存した時の不具合

PNGやJPEGなど、画像として保存すると、ジグザク線の連結部分が欠けてしまう不具合があります。

保存時に欠ける場合は、ジグザク線を複製して反転させ、山を一つ消去したジグザク線を元の線に重ね合わせて連結部分を補強すると欠けずに保存ができます。