PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでジグザグ線や階段を綺麗に作る方法

PowerPointでジグザグ線(ギザギザ線)や階段を図形やグラフを使って綺麗に作る方法をご紹介します。

グラフを使用してジグザグ線を作る方法は必見です。後半では、ジグザグパターンの作り方も解説します。

スポンサーリンク

図形でジグザグ線を作成する

山形の線を1つ作り、それを等間隔で並べてジグザグ線を作ります。

山形の線を作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」の「二等辺三角形」を選択します。

二等辺三角形を「高さ:1cm」「幅:2cm」「塗りなし」「線幅:2pt」で描きます。

この二等辺三角形の底辺を削除して山形の線を作ります。

二等辺三角形の線にマウスオーバーさせ、カーソルに十字の矢印が表示される位置で右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」を選択します。

「頂点の編集」モードになりました。

続いて、左下の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの種類が変わる位置で右クリックしてメニューを開きます。

「右クリックメニュー」→「パスを開く」を選択します。

パスが開きました。

続いて、開いたパスの下方の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの種類が変わる位置で右クリックしてメニューを開きます。

「右クリックメニュー」→「頂点の削除」を選択します。

底辺のパスが削除されて山形の線ができました。

続いて、線を連結した時に線の結合部分に欠けができない設定にします。

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「線」の「線の先端」を「四角」に設定します。

線の先端が気持ち伸びました。結合するまでは気づきませんが、「四角」にしていないと線の連結部分に欠けができてしまいます。

線を等間隔で並べる

山形の線をスマートガイドを使い、開き「0mm」で等間隔で並べる方法です。

スマートガイドの表示は、「表示」タブ →「表示」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「グリッドとガイド」ダイアログが開くので、「図形の整列時にスマートガイドを表示する」にチェックを入れます。

「描画オブジェクトをグリッド線に合わせる」にチェックがはいっている場合は外しましょう。

「既定値に設定」をクリックして保存しておくと、他のファイルでもスマートガイドが表示されます。

設定が完了したら線を並べていきましょう。

線を選択し、「Ctrl + Shift」キーを押しながら図形をドラッグして横に複製します。この時、スマートガイドが働いてピタッと吸着する位置でドラッグを離すと、開き「0mm」で複製ができます。

2つ目以降の複製は、1つ目に複製した図形を選択した状態で「F4」キー、または「Ctrl + Y」キーを複製したい回数押して連続複製すると簡単です。

ジグザグ線が完成しました。図形がずれないようにグループ化しておきましょう。

スポンサーリンク

グラフでジグザグ線を作成する

グラフの機能を使ってジグザグ線を作るテクニックをご紹介します。

グラフを挿入する

「挿入」タブ →「図」グループ →「グラフ」をクリックします。

「グラフの挿入」ダイアログが開くので、「折れ線グラフ」を選択して「OK」をクリックします。

折れ線グラフが挿入され、同時にExcelの作業ウィンドウも開きます。PowerPointとExcelが連動しており、Excelの数値を変更すると折れ線の形も変動します。

今回は、折れ線の形がジグザグになるように数値を入力し、最終的にジグザグになった折れ線をジグザグ線として利用します。

ジグザグ線になるように数値を入力する

開いたExcelの作業ウィンドウはスペースが小さいので、スペースを大きくして作業しましょう。

「系列1」の2行目から12行目までを「1、2、1、2、1…」と1と2を交互に入力しましょう。今回は5山のジグザグ線を作成しますが、行数を増やせば山数を増やすことができます。

入力できたらグラフを確認しましょう。「系列1」の折れ線がジグザグになっていれば成功です。

波線をグラフから取り出す

ジグザグ線ができたのでグラフから取り出しましょう。

グラフをコピーした状態で、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログが開くので、「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」をクリックします。

拡張メタファイル形式でグラフが張り付きました。グラフの編集はできない状態です。

続いてグラフを選択し、「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化の解除をします。

すると、「これはインポートされた図で、グループではありません。Microsoft Office 描画オブジェクトに変換しますか?」とメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

変換後、更に「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化の解除をします。

グラフがバラバラになったので、ジグザグ線を取り出しましょう。

手動で描くのは困難な綺麗なジグザグ線が完成しました。

5山の場合は、「高さ:1cm」「幅:10cm」で山が「90°」になります。

スポンサーリンク

階段を作成する

作成したジグザク線を回転させて階段にします。

右へ登る階段

グループ化したジグザグ線を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「回転」を「315°」に設定します。

左へ登る階段

「回転」を「45°」に設定します。

ジグザグパターンを作成する

パターンにする図形を作成する

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「ブロック矢印」の「矢印:山形」を選択します。

「矢印:山形」を「高さ:1cm」「幅:1cm」で描きます。色はお好みで設定しましょう。

今回は横のジグザクパターンを作るので、図形を左に「90°」回転させます。

続いて、正方形を「高さ:1cm」「幅:1cm」で描き、「矢印:山形」の背面に重ね合わせます。こちらの色もお好みで設定しましょう。

パターンで塗りつぶす

パターンで塗りつぶす正方形を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描きます。

パターンにする図形を「Ctrl + C」キーでコピーした状態にします。

パターンで塗りつぶす正方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード(コピーした図形を挿入します)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形をタイル状に並べます)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

ジグザグパターンの完成です。

波線をグラフで描く

グラフを使えば、波線も綺麗に描くことができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで波線・省略線をグラフで描く神業
PowerPointで波線や省略線(なみなみ線)をグラフで描く方法をご紹介します。波線は図形の「曲線…