パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法

PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法をご紹介します。フォントの埋め込みや画像化するのではなく、パス化する方法です。

Illustratorは直接フォントをアウトライン化できますが、PowerPointは「図形の結合」を使う必要があります。

スポンサーリンク

フォントをアウトライン化する

アウトライン化したいテキストボックスを複製します。

2つのテキストボックスを選択して「整列」で重ね合わせましょう。

2つのテキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

テキストボックスから図形に変わり、プレースホルダーが文字にフィットしました。見た目は変わりませんが、アウトライン化された状態です。

アウトライン化の確認

アウトライン化されたのか確認してみましょう。

文字を右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」を選択します。

パス化されておりアウトライン化の確認できました。テキストの編集が不可となり、リターンキーで戻る以外は元に戻せません。

スポンサーリンク

ロゴをアウトライン化して作成する

当サイト名「PPDTP」の頭文字「P」でロゴマークを作ります。

「P」の文字を図形ツールの「円:塗りつぶしなし」で囲んでロゴマークの完成!

と言いたいところですが…

ロゴを拡大すると、図形だけが拡大されて文字が拡大してくれません。PowerPointではIllustratorと異なり、図形と文字を別々に拡大縮小する必要がある為です。

文字の拡大縮小は、ショートカットキーの「Ctrl + Shift + >」キーで拡大、「Ctrl + Shift + <」キーで縮小を行います。

図形と文字を分けてリサイズするのは効率的ではありません。そこで、2つのオブジェクトを「接合」してアウトライン化します。

アウトライン化しておけば自由自在にリサイズできます。色も一度で変更することができるので修正しやすいデータになりました。

フォントを埋め込む

アウトライン化するとテキストデータの編集ができなくなりますが、ファイルにフォントを埋め込んでテキストデータを編集できる状態で保存することも可能です。

フォントを埋め込んでおくと、同じフォントがインストールされていない別のパソコンでファイルを開いた時に文字化けしません。

「ファイル」タブ →「オプション」から「PowerPointのオプション」ダイアログを開き、「保存」の「ファイルにフォントを埋め込む」にチェックを入れます。

別のパソコンでテキストデータの編集をしないのであれば「使用されている文字だけを埋め込む」を選択します。

同じフォントがインストールされていない別のパソコンで編集するのであれば「すべての文字を埋め込む」を選択します。

すべての文字を埋め込むと文字化けせずにテキストデータの編集ができますが、ファイルサイズが大きくなってしまうので注意が必要です。

フォントをアウトライン化するマクロ

フォントをアウトライン化する方法は、VBAを使うと簡単に自動処理できます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA フォントをアウトライン化するマクロ
PowerPointでフォント(文字)を一瞬でアウトライン化する夢のマクロを作成しました。Illus…