PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法

スポンサーリンク

PowerPointでフォント(文字)をアウトライン化する方法をご紹介します。フォントの埋め込みや画像化するのではなく、パス化する方法です。

Illustratorでは「アウトラインを作成」コマンドで簡単にアウトライン化ができますが、PowerPointにはアウトライン化を実行するコマンドがないので、ちょっとしたテクニックを使います。

スポンサーリンク

フォントをアウトライン化する

アウトライン化したいテキストボックスを複製します。

2つのテキストボックスを選択して「整列」で重ね合わせましょう。

2つのテキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」をクリックします。

テキストボックスから図形に変わり、バウンディングボックスが文字にフィットしました。見た目は変わりませんが、アウトライン化された状態です。

アウトライン化の確認

アウトライン化されたのか確認してみましょう。

文字を右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」をクリックします。

パス化され、アウトライン化の確認できました。テキストの編集が不可となり、リターンキーで戻る以外は、元に戻せません。

スポンサーリンク

アウトライン化したロゴを作成する

当サイト名「PPDTP」の頭文字「P」でロゴマークを作ります。

「P」の文字を図形ツールの「円:塗りつぶしなし」で囲んでロゴマークの完成!

と言いたいところですが…

ロゴを拡大すると、図形だけが拡大されて文字が拡大してくれません。PowerPointでは、Illustratorと異なり、図形と文字を別々に拡大縮小する必要があるからです。

文字の拡大縮小は、ショートカットキーの「Ctrl + Shift + >」で拡大、「Ctrl + Shift + <」で縮小を行います。

そこで、ズレるのを防ぐために、2つのオブジェクトを「接合」してアウトライン化します。

アウトライン化しておけば、拡大縮小も自由自在にでき、色も一度で変更が可能です。

以上が「フォントをアウトライン化」する方法です。

おつかれさまでした(^^)

超時短!「PowerPoint VBA フォントをアウトライン化するマクロ」も合わせてご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint VBA フォントをアウトライン化するマクロ
PowerPointでフォント(文字)を一瞬でアウトライン化する夢のマクロを作成しました。Illus…