PowerPointで使い回せるドット柄(パターン)の作成方法

PowerPointで背景素材として使える「ドット柄(パターン)」の作成方法をご紹介します。Illustratorではスウォッチにパターンを登録して作成しますが、それと似たようなことがPowerPointでも作成可能です。

繰り返す図形をドット柄で作成する

「高さ:0.5cm」「幅:0.5cm」「塗り:黒」の「正円」を作成します。

正円を選択して「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」の「頂点の編集」をクリックします。

「頂点の編集モード」になりました。

中央下の頂点にマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、「右クリックメニュー」→「頂点の削除」をクリックします。

底辺のパスがふっくらした半円になりました。

底辺のパスにマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、「右クリックメニュー」→「線分を伸ばす」をクリックします。

半円になりました。

  • 図形ツールで半円を描く方法は他にもありますが、これがPowerPointで一番スマートな半円の作り方です。

「高さ:2cm」「幅:2cm」の「正方形」を作成します。色は好きな色で大丈夫です。作成した正方形の上下左右の中央に半円を配置します。「整列」を使って綺麗に並べましょう。

正方形を選択して「図形の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「透明度:100%」に変更します。

作成したドット柄の図形を全選択して「Ctrl + C」でコピーします。「高さ:10cm」「幅:10cm」の「正方形」を作成し、「図の書式設定」→「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」の設定を以下に変更し、ドット柄で塗りつぶします。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形が挿入されます)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形がタイル状に並びます)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

続いて、背面に同じサイズの「ピンクの正方形」を配置します。

ドット柄の正方形を選択して「図の書式設定」→「図形のオプション」→「図」→「図の修整」の「明るさ」を「100%」に変更します。すると色が反転し、黒から白のドット柄に変わります。

ピンクの背景に白の水玉模様が入ったかわいいドット柄の完成です。

色を変更して様々なドット柄を作成する

ドット柄の正方形を選択して「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」の「透明度」を「50%」に変更します。するとドットが半透明になり、背景色のピンクが透けて薄ピンクになります。

背景を黒にするとドットはグレーになります。背景の色を変えるとドットの色も変わる使い回しが効くデータになりました。

ドットの大きさを変更する

ドット柄の正方形を選択して「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」の「幅の調整」「高さの調整」をそれぞれ「50%」に変更します。するとドットが小さくなり、より細かなドット柄になります。

以上が「使い回せるドット柄」の作成方法です。おつかれさまでした(^^)

応用テクニック「ドット柄でマスキングテープを作る方法」も合わせてご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでお洒落かわいいマスキングテープを作る方法
PowerPointでもかわいい素材を作りたい!そんなあなたに、メモ用紙や写真をとめるアイテムとして大活躍!お洒落かわいいマスキングテープ、略して「おしゃかわマステ」の作成方法をご紹介します。