【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで水玉模様(ドット柄)パターンを作る方法

PowerPointで水玉模様(ドット柄)パターンの作り方をご紹介します。

水玉模様は半円を四方向に配置した繰り返しオブジェクトを作ると、円が斜めに移動したパターンができます。

スポンサーリンク

水玉模様を作る

繰り返しオブジェクトを作る

水玉模様の繰り返しオブジェクトは、半円を使って作ります。半円を用意し(作り方を参照)、「高さ:0.25cm」「幅:0.5cm」「塗り:黒」に設定しましょう。

続いて、正方形を「高さ:2cm」「幅:2cm」で描きます。色はお好みでOKです。

作成した正方形の上下左右の中央に反転、回転させた半円をそれぞれ配置します。「整列」を使って綺麗に並べましょう。

  • 半円の大きさによって、水玉模様の密度が変わります。

正方形を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を「透明度:100%」に設定します。

水玉模様の繰り返しオブジェクトの完成です。

水玉模様パターンを作る

繰り返しオブジェクトをタイル状に並べてパターンを作ります。

繰り返しオブジェクトを「Ctrl + C」キーでコピーします。

パターンを適用したい図形を選択し、「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック
  • 幅の調整:お好みで設定
  • 高さの調整:お好みで設定
  • 配置:中央

水玉模様パターンの完成です。

水玉模様にしたい色と重ねると様々なパターンが作れます。

スポンサーリンク

パターンのバリエーション

色調整をする

水玉模様の色を黒から白に変更します。

水玉模様を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「図」→「図の修整」を「明るさ:100%」に設定します。

黒から白の水玉模様に変わりました。

さらに「透明度」を下げると、

水玉模様の色を薄くすることができます。

水玉模様の大きさを調整する

水玉模様の大きさ調整は「幅の調整」「高さの調整」で行います。

値を下げていくと水玉が小さくなっていきます。

重ねずらし水玉

水玉を重ねてずらしたいときは「影」で設定すると簡単です。

水玉模様をスライドよりも少し大きめのサイズにし、効果の「影」を次のように設定します。

  • 標準スタイル:オフセット右下
  • 色:お好みで設定
  • 透明度:0%
  • ぼかし:0pt
  • 距離:お好みで設定

重ねずらし水玉ができました。