パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointのアイコンを手書き風イラストにカスタムする方法

PowerPointで挿入したアイコンを手書き風イラストにカスタムする方法をご紹介します。

アイコンのパスをIllustratorのラフ効果を適用したようなランダムな波状にし、フリーハンドで描いた風のあたたかみのあるイラストに仕上げます。

スポンサーリンク

アイコンを挿入する

まずはアイコンを挿入しましょう。

「挿入」タブ →「図」グループ →「アイコン」をクリックします。

今回は、コアラのアイコンを使用します。「コアラ」で検索するとヒットします。

動物園のピクトグラムのようなコアラのアイコンを、手書き風イラストにカスタムしていきましょう。

アイコンを図形化する

グラフィックス形式の図には、線を手書き風にする「スケッチ」が設定できない為、アイコンを図形化します。

アイコンを選択し、「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化の解除をします。

すると、「これはインポートされた図で、グループではありません。Microsoft Office 描画オブジェクトに変換しますか?」とメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

アイコンがグラフィックス形式から図形に変換されました。コアラのように複数のパーツで作られている図形は、更に「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化の解除をし、図形をバラバラの状態にしましょう。

スポンサーリンク

図形のパスを手書き風にする

図形に「スケッチ」を設定してパスを手書き風にします。

全ての図形を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「線」を「色:赤色」「幅:1pt」に設定し、「スケッチスタイル」の1番下の「フリーハンド」を選択します。

「線色」と「線幅」は見やすくする為の設定なので、お好みでOKです。

図形にフリーハンドの線が設定されました。図形の大きさによってフリーハンドの線の形状が変化するので、お好みのサイズで作りましょう。

フリーハンドを設定したままでは塗りと線にずれがあるので、塗りと線のパスが同じ形になるように変更します。

全ての図形を選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「切り出し」を選択して結合します。

塗りと線のパスが同じ形になりました。図形で囲まれていた白抜き部分も同じ形で図形が生成さされ、パーツごとに色が塗れる状態になりました。

色分けができるように「切り出し」を選択しましたが、単色で使用する場合は「接合」でもOKです。

下図のタコのアイコンようにパーツが分かれていない図形は、別の方法で「切り出し」を行います。

図形単体では「図形の結合」が行えないので、横に適当な四角形を描き、タコと四角形を選択した状態で「切り出し」を行いましょう。

パーツごとに色を塗る

線をなしにして、お好みの色を塗ったら完成です。

あたたかみのある手書き風イラストになりましたね♪

タコも手書き風イラストにしてみました。
海藻と組み合わせるといい感じです(^^)

PowerPointに「スケッチ」機能が追加されたことで、今までIllustratorでしかできなかった手書き風の表現が簡単に作れるようになりました。

パワポの新時代