【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointでハーフトーン(網点)を作る方法

PowerPointでハーフトーン(網点)を簡単に作る方法をご紹介します。ハーフトーンは手動で円を並べると作れますが、膨大な作業量になります。

そこで、「グラフ」で並べた円のサイズをExcelの値で連続的に縮小させて作ると効率的です。

スポンサーリンク

ハーフトーンをグラフで作る

準備

「挿入」タブ →「図」グループ →「グラフ」をクリックします。

「グラフの挿入」ダイアログボックスが開くので、「散布図」→「バブル」を選択して「OK」をクリックします。

グラフが挿入され、同時にExcelのウィンドウが開きます。Excelの値を変更するとグラフも変動します。

今回はグラフが網点になるように値を入力し、グラフから取り出して利用します。

グラフを「高さ:15cm」「幅:15cm」に設定します。

グラフの右上の「+」ボタンをクリックし、「グラフ要素」のチェックをすべてはずします。

「グラフエリアの書式設定」ウィンドウ →「グラフのオプション」右側の「下矢印」ボタンをクリックし、「系列“Yの値”」を選択します。

「データ系列の書式設定」ウィンドウに移動するので、「系列のオプション」→「バブルサイズの調整:15」に設定します。

グラフがスッキリしました。以上で準備完了です。

Excelに値を入力する

Excelに値を入力し、円が連続的に縮小するように並べます。

「Xの値」の2行目から40行目までを「0、1、0、1、0…」と0と1を交互に入力します。「Yの値」と「サイズ」は、2行目から40行目までを「1、2、3、4、5…」と連続する値を「39」まで入力します。

コピペで簡単入力しよう!/

X の値Y の値サイズ
011
122
033
144
055
166
077
188
099
11010
01111
11212
01313
11414
01515
11616
01717
11818
01919
12020
02121
12222
02323
12424
02525
12626
02727
12828
02929
13030
03131
13232
03333
13434
03535
13636
03737
13838
03939

値が入力できたらグラフを確認しましょう。

上図のように円が縮小しながら2列並んでいれば成功です。この並んだ円を網点として利用します。

スポンサーリンク

網点をグラフから取り出す

網点ができたのでグラフから取り出しましょう。

グラフを「Ctrl + C」キーでコピーした状態で「Ctrl + Alt + V」キーを押し、「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスを開きます。

「貼り付ける形式」から「画像(SVG)」を選択し、「OK」をクリックします。

SVG形式で貼り付きました。

グラフを選択した状態で、「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化を2回解除します。

  • グループ化を解除したときに表示される警告メッセージは、「はい」をクリックします。

2列の網点をそれぞれ「Ctrl + G」キーでグループ化し、「塗り:黒」「透明度:0%」に設定します。

2種類の網点パターンができました。

  • 楕円になってる網点が気になる場合は手動で整えましょう。作例はそのまま進めています。

網点パターンを並べる

2種類の網点パターンを交互に並べてハーフトーンを作ります。

2種類の網点パターンを上図のように少し重ね合わせます。

重ね合わせた網点パターンを「Ctrl + Shift」キーを押しながら右に1つ複製してから「F4」キーで連続複製します。

最終列の網点パターンは削除し、「Ctrl + A」キーですべて選択して「左右に整列」(揃え方を参照)できれいに整えましょう。

ハーフトーンの完成です。