パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで生成り生地テクスチャを作る方法

PowerPointで生成り生地のようなテクスチャを作る方法をご紹介します。

生成り生地は「塗りつぶしのテクスチャ」「アート効果」「色のトーン」の組み合わせで作ることができます。アート効果を2度がけする手順もポイントです。

スポンサーリンク

生成り生地を作る

生地の黒い斑点を作る

生成り生地特有の黒い斑点を表現します。

正方形を「高さ:20cm」「幅:20cm」で描きます。

正方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」を設定します。

続いて、「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」の「テクスチャ」から「再生紙」を選択し、「図をテクスチャとして並べる」にチェックを入れます。

再生紙のテクスチャが設定されました。

正方形を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」をクリックします。

「アート効果」から「白黒コピー」を選択します。

粗い紙のようなテクスチャになりました。

続いて、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→「アート効果」を「詳細:0」に設定します。

荒さが和らぎました。

生地の地の目を作る

糸が交差して織られているような生地の地の目を加えます。

2度目の「アート効果」を適用する為に図形から画像に変換します。

図形を「Ctrl + C」キーでコピーした状態でスライドを右クリックしてメニューを開き、「貼り付けのオプション:図」を選択します。

図形が画像として貼り付きました。

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」をクリックします。

「アート効果」から「パステル:滑らか」を選択します。

「パステル:滑らか」が適用されましたが、あまり変化がないので適用量を上げます。

「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「アート効果」を「拡大縮小:100」に設定します。

生地の地の目のような模様が薄っすら浮かび上がりました。

スポンサーリンク

生成り生地の色と質感の設定

生地の地の目を更にくっきりさせ、色を薄黄色にして生成り生地感を出します。

画像を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図」→「図の修整」→「コントラスト:-20%」、「図の色」→「温度:8,800」程度に設定します。

  • 「温度」の値で生成り色の調整ができます。

生成り色と質感が表現できました。

生成り生地テクスチャの完成です。