【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで切り口が不揃いなマスキングテープを作る方法

PowerPointで切り口が不揃いな、かわいいマスキングテープを作る方法をご紹介します。

マスキングテープの切り口は、PowerPoint 2019から使える「スケッチ」機能で線をランダムにギザギザさせて作ると簡単です。

スポンサーリンク

マスキングテープの形状を作る

マスキングテープの切り口を「スケッチ」機能で不揃いにさせて作ります。

「ホーム」タブ →「図形」→「正方形/長方形」を選択します。

長方形を「高さ:10cm」「幅:6cm」で描き、線の「スケッチスタイル」から1番下の「フリーハンド」を選択します。

描いた長方形を「Ctrl + Shift」キーを押しながらドラッグし、右に複製します。

2つの長方形を左揃え(揃え方を参照)で配置します。

2つの長方形を選択した状態で、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」で結合します。

結合できたら、「高さ:2cm」「幅:10cm」に設定します。

切り口が不揃いなマスキングテープの形状ができました。

スポンサーリンク

マスキングテープをかわいい柄にする

マスキングテープの塗りにパターンを設定し、かわいいマステを作りましょう。

ストライプマステ

斜めストライプの繰り返しオブジェクト(作り方を参照)を用意し、「Ctrl + C」キーでコピーします。

マスキングテープを選択した状態で、「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック
  • 横方向に移動:テクスチャを縦に移動可
  • 縦方向に移動:テクスチャを縦に移動可
  • 幅の調整:テクスチャの幅を縮小可
  • 高さの調整:テクスチャの高さを縮小可
  • 配置:中央

ストライプマステの完成です。

水玉マステ

水玉模様の繰り返しオブジェクト(作り方を参照)を用意し、「Ctrl + C」キーでコピーします。

ストライプと同じように設定し、水玉マステの完成です。

マスキングテープの長さを変える

マスキングテープを切り口の形状を変えずに伸縮させる方法です。

長くする

マスキングテープの端を重ね合わせて複製し、必要な長さになるまで継ぎ足します。

全てのマスキングテープを選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」で結合します。

切り口の形状を変えずに長くできました。

短くする

2つのマスキングテープの重ね合わせた部分が必要な長さになるように調整します。

2つのマスキングテープを選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」で結合します。

切り口の形状を変えずに短くできました。