【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointで図形・線・文字を手書き風にする方法

PowerPointで図形・枠線・直線・文字を「スケッチ」で手書き風にする方法をご紹介します。

「スケッチ」は、オブジェクトの線に手書きで描いたようなラフな線を適用できる機能です。「スケッチ」適用後の処理がポイントです。

スポンサーリンク

図形を手書き風にする

手書き風にしたい図形を用意します。

今回は上図のシンプルリボン(作り方を参照)を手書き風にします。

リボンに「線(単色)」を設定し、「スケッチスタイル」から「フリーハンド」を選択します。フリーハンドの線は「緩やか」と「激しい」の2種類から選択できます。

線に「フリーハンド(緩やか)」を適用しました。しかし、フリーハンドを設定したままでは、塗りと線のパスがずれるので修正します。説明のため線色を変更しています。

  • 線をなしにすると直線のリボンに戻ります。線を消したいときは、「透明度:100%」にすると塗りのスケッチスタイルが保たれます。

リボンを「Ctrl + Shift」キーを押しながら下にドラッグして複製します。

2つのリボンを上揃え(揃え方を参照)で配置します。

2つのリボンを選択した状態で、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」をクリックします。

塗りと線のパスが同じ形状になりました。手書き風の図形の完成です。

枠線を手書き風にする

図形の「正方形/長方形」よりも「フレーム」に「スケッチ」を設定すると、よりラフな枠線が作れます。

「ホーム」タブ →「図形描画」→「フレーム」を選択します。

「フレーム」を描き、線に「スケッチスタイル:フリーハンド(緩やか)」「線の結合点:丸」を設定します。

調整ハンドルを左端までドラッグし、一重線にします。

  • 線と線の間に隙間ができた場合は、線幅を太くして埋めましょう。

手書き風の枠線の完成です。四角形を手書き風にするよりもラフな感じに仕上がりました。

スポンサーリンク

直線を手書き風にする

図形の「線」で描いた直線に「スケッチ」の設定はできません。直線を手書き風にするときは、別の図形から直線を作る必要があります。

「ホーム」タブ →「図形描画」→「ひし形」を選択します。

「ひし形」を描きます。作例の書式は次の通りです。

  • 高さ:8cm
  • 幅:8cm
  • 塗りつぶしなし
  • 線(単色)
  • 線幅:2pt

「ひし形」を右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」をクリックします。

頂点が編集できる状態になるので、左下の線分を右クリックしてメニューを開き、「線分の削除」を選択します。

続いて、「Ctrl」キーを押しながら下の頂点をクリックして削除します。

「ひし形」が上図のような山型線になります。

山型線を選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:0cm」に設定します。

山型線から直線になりました。

線に「スケッチスタイル:フリーハンド(緩やか)」「線の結合点:丸」を設定し、手書き風の直線の完成です。

文字を手書き風にする

マジックペンで書いたような手書き風フォントを作る方法です。

文字のパスをIllustratorのラフ効果を適用したようなランダムな波状にし、線の震えを演出します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでマジックペン風手書きフォントを作る方法
PowerPoint 2019から追加された「スケッチ」でマジックペンで書いたような手書き風フォント…

 

鉛筆で塗りつぶしたスケッチ風文字を作る方法です。

文字の塗りに「鉛筆テクスチャ」を適用し、Photoshopのフィルター機能「スケッチ」のような手書き風に加工するテクニックです。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで鉛筆テクスチャでスケッチ風文字を作る方法
PowerPointで鉛筆で塗りつぶしたようなスケッチ風文字の作り方をご紹介します。文字の塗りに「鉛…

アイコンを手書き風にする

アイコンを手書き風イラストにする方法です。

アイコンのパスをIllustratorのラフ効果を適用した風のランダムな波状にし、フリーハンドで描いたようなあたたかみのあるイラストに仕上げます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのアイコンを手書き風イラストにする方法
PowerPointで挿入したアイコンを手書き風イラストにする方法をご紹介します。アイコンのパスをI…