目的別に探せる【PowerPoint逆引き辞典】公開中 ▶︎

PowerPointで青海波文様を作る方法

スポンサーリンク

PowerPointで青海波文様を作る方法をご紹介します。

青海波文様は、SmartArtの「包含型ベン図」と図形の「フローチャート:照合」を組み合わせて作ります。

繰り返す図形をトリミングで作り出す手順がポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鱗文様を作る

繰り返しオブジェクトを作る

「挿入」タブ →「図」グループ →「SmartArt」をクリックします。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログボックスが開くので、「集合関係」→「包含型ベン図」を選択して「OK」をクリックします。

「SmartArt」がスライドに挿入されるので「高さ:5cm」に設定します。

「SmartArt」を選択した状態で、「SmartArtのデザイン」タブ →「グラフィックの作成」グループの「図形の追加」を2回クリックして円を追加します。

円が合計6個並びました。

「Ctrl + Shift + G」キーでグループ化を2回解除し、すべての円を選択した状態で上下中央揃え(揃え方を参照)で配置します。

続いて、「ホーム」タブ →「図形描画」→「フローチャート:照合」を選択します。

「フローチャート:照合」を「高さ:5cm」「幅:2.6cm」「回転:90°」で描き、すべての円と上下左右中央揃えで配置します。

「Ctrl + A」キーですべての図形を選択した状態で、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「切り出し」をクリックします。

図形が分割されるので、赤色の図形以外を削除して線なしにします。

青海波の一波ができました。

青海波を「Ctrl + C」キーでコピーした状態で「Ctrl + Alt + V」キーを押し、「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスを開きます。

「貼り付ける形式」から「画像(SVG)」を選択し、「OK」をクリックします。

SVG形式で貼り付くので「高さ:3cm」「幅:6cm」に設定します。

青海波を選択した状態で、「グラフィックスの書式設定」ウィンドウ →「図」→「トリミング」→「トリミング位置」→「幅:3.4cm」に設定します。

続いて、青海波を「Ctrl + Shift」キーを押しながら右にドラッグして複製し、「トリミング位置」→「幅:3cm」「高さ:1.5cm」に設定します。

続いて、複製した青海波を「Ctrl + Shift」キーを押しながら右にドラッグして複製し、「トリミング」→「画像の位置」→「縦方向に移動:-0.75cm」に設定します。

左と中央の青海波を下揃えで配置します。

続いて、すべての青海波を右揃えで配置します。説明のため色を変更しています。

最背面の青海波を選択した状態で、「トリミング」→「画像の位置」→「横方向に移動:-1.7cm」に設定します。

好きな色に変更し、青海波文様の繰り返しオブジェクトの完成です。

パターンを作る

繰り返しオブジェクトをタイル状に並べてパターンを作ります。

繰り返しオブジェクトを「Ctrl + C」キーでコピーします。

パターンを適用したい図形を選択し、「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 画像ソース:クリップボード
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック
  • 幅の調整:任意で調整
  • 高さの調整:任意で調整
  • 配置:中央
  • 反転の種類:横方向

青海波文様の完成です。