パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで波形リボンの作り方

PowerPointで波形リボンと折り返し波形リボンの作り方をご紹介します。

PowerPointでも文字の変形を駆使すると、Illustratorのワープ効果で旗をなびかせたようなリボンを作ることが可能です。

スポンサーリンク

波形リボン

下図の波形リボンを作っていきましょう。

アーチ状の長方形を作る

テキストボックスに黒四角「◾️」を入力し、「塗り:赤(RGB:220,0,0)」に設定します。作例のフォントは「源ノ角ゴシック JP」を使用しています。正方形が入力できれば、フォントの指定はありません。

テキストボックスを複製し、文字を右向き黒三角と左向き黒三角「▶︎◀︎」に変更して「塗り:黒」に設定します。

 

三角のテキストボックスを前面にし、2つのテキストボックスを左上揃えで整列します。

2つのテキストボックスを選択した状態で、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」を選択し、

「形状」の「波:上向き」を選択します。

すると四角と三角が、旗がなびいたような形状に変形します。

2つのテキストボックスのサイズを「高さ:2cm」「幅:8cm」に設定します。

右向き三角と左向き三角の間にカーソルを挿入し、全角スペースを15回程入力して三角を左右に寄せます。

  • 全角スペースの数によってリボンの切り込みの深さが変わるので、お好みで調整しましょう。

最後にテキストボックスを結合してリボンに切り込みを入れます。

2つのテキストボックスを「Ctrl + A」キーで全選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「単純型抜き」を選択して結合します。

旗がなびいたような波形リボンの完成です。

スポンサーリンク

折り返し波形リボン

下図の折り返し波形リボンを作っていきましょう。

リボン①を作る

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「星とリボン」→「波線」を選択します。

波線を「高さ:2cm」「幅:8cm」「塗り:赤(RGB:220,0,0)」で描き、リボン①の完成です。

リボン②を作る

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「二等辺三角形」を選択します。


二等辺三角形を「高さ:0.5cm」「幅:0.8cm」「色:濃い赤(RGB:140,0,0)」で描きます。「回転:270°」に設定し、リボン②の完成です。

リボン③を作る

前項で作成した波形リボンを使用します。

サイズが「高さ:1.95cm」「幅:8cm」になっているかを確認し、「色:濃い赤(RGB:180,0,0)」に設定します。

正方形を「高さ:2cm」「幅:2cm」で描き、リボンと左上揃えで配置します。

正方形とリボンを選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「重なり抽出」を選択して結合します。

リボン③の完成です。

完成

リボン②をリボン①の背面に上図のように配置します。左揃えで整列後、上下の矢印キーで微調整しましょう。

リボン③をリボン②の背面に上図のように配置します。こちらも右揃えで整列後、上下の矢印キーで微調整しましょう。

リボン②と③を上下左右反転させ、反対側にも同じように配置します。

折り返し波形リボンの完成です。

アーチ状リボンを作る

文字の変形でリボンをカーブさせ、アーチ状にすることも可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでアーチ状リボンの作り方
PowerPointでアーチ状リボンと折り返しアーチ状リボンの作り方をご紹介します。PowerPoi…