パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで写真をヴィンテージ風加工する方法

PowerPointで写真をヴィンテージ風(レトロ風)に加工する方法をご紹介します。

Photoshopなどの加工アプリは必要ありません。パワポでできるアート効果、テクスチャ、補正の機能を組み合わせてヴィンテージ風写真に仕上げましょう。

スポンサーリンク

写真をヴィンテージ風加工する

準備

ヴィンテージ風が合いそうな写真を用意しましょう。写真によっては加工をしても雰囲気が合わないこともあり、写真が仕上がりの良し悪しを決めます。

ヴィンテージ加工は写真が9割

セピア調にする

写真をセピア調にします。

写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「色」→「色の変更」の「セピア」を選択します。

写真がセピア調になりました。

コントラストを上げる

後ほど行うテクスチャを重ねる工程で写真が薄くなってしまうので、コントラストを上げておきます。

「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「図」→「図の修整」の「コントラスト」を「50%」に設定します。

写真のコントラストが上がりました。

コントラストを上げて写真が全体的に暗くなってしまった時は、明るさを調整します。

写真を確認しながら「図の修整」の「明るさ」で調整しましょう。ハイライトが白飛びしすぎないようにするのがポイントです。作例では「明るさ:30%」に設定しています。

写真が明るくなりました。

合わせて、写真が少しぼけているのでくっきりさせる処理もします。

写真を確認しながら「図の修整」の「シャープネス」で調整しましょう。あまりパキパキな仕上がりにならないようにするのがポイントです。作例では「鮮明度:30%」に設定しています。

写真がくっきりしました。

「コントラスト」「明るさ」「シャープネス」の値は写真によって異なります。仕上がりを確認しながらお好みで調整しましょう。

スポンサーリンク

ノイズを加える(ザラザラ加工)

写真にノイズを加えてレトロ感を演出します。

写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「アート効果」の「フィルム粒子」を選択します。

続いて、「図の書式設定」ウィンドウ →「効果」→「アート効果」を「粒度:10」に設定します。「粒度」の値は、写真のサイズによって異なります。あまりザラつき過ぎないように、仕上がりを確認しながらお好みで調整しましょう。

写真にザラつきが加わり、レトロ感が出ました。

テクスチャを重ねる

写真にテクスチャを重ねて経年劣化させます。

写真と同じサイズで四角形を描き、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」→「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」を設定します。

続いて、「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」の「テクスチャ」から「ひな形」を選択し、「図をテクスチャとして並べる」にチェックを入れます。

すると、ヴィンテージ感がある革のようなテクスチャができます。

作成したテクスチャを写真と重ね合わせ、テクスチャの透明度を下げて写真を透かせます。作例では「透明度:70%」に設定しています。透明度も仕上がりを確認しながらお好みで調整しましょう。

PowerPointでは、Photoshopのように乗算などに描画モードを変えて写真とテクスチャの重ね合わせができないので透明度を下げて対応しています。

以上で、ヴィンテージ風写真の完成です。

スポンサーリンク

レトロなモノクロ写真にする

前項で作成したセピア調のヴィンテージ写真から、レトロなモノクロ写真に切り替えることができます。

セピア調の写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「色」→「色の変更」の「グレースケール」に変更します。

続いて上から重ねたテクスチャを選択し、「テクスチャ:新聞紙」に変更します。

レトロなモノクロ写真になりました。

PowerPointのテクスチャは、そのまま使うと不自然な感じがしますが、他の素材と組み合わせると活躍してくれそうですね。