パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでマンガ肉をMSゴシックを変形させて描く方法

PowerPointで「マンガ肉」のイラストをフォントの「MSゴシック」を変形させて描く、おもしろ作成方法をご紹介します。

マンガ肉とは、「はじめ人間ギャートルズ」などの漫画やアニメに登場する骨つき肉のことです。

スポンサーリンク

マンガ肉の形を描く

肉を作る

肉の形を「MSゴシック」の変形で作ります。

テキストボックスに「MSゴシック」の「塗り:茶(RGB:140,70,0)」で黒丸「●」を入力します。以降のフォントも「MSゴシック」を使用します。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ」を選択します。

黒丸が肉の形に変形しました。

「高さ:5cm」「幅:4cm」にリサイズして完成です。

骨の棒パーツを作る

骨を棒パーツと両端の丸みパーツに分けて作ります。

テキストボックスに黒四角「◾️」を入力します。色は後ほど白色に変更するので、今は何色でもOKです。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ」を選択します。

黒四角の上下が凹みました。

「高さ:0.7cm」「幅:5.5cm」にリサイズして骨の棒パーツの完成です。

それでは、肉と骨を上下中央揃えで整列させて合体させましょう。

肉に持ち手がついて食べやすくなりました。

骨の丸みパーツを作る

続いて、棒パーツの左右につける丸みパーツを作ります。

テキストボックスに黒ハート「♥」を入力します。色は棒パーツと同じ色にしましょう。

フォントは「MSゴシック」を使用していますが、上図のような形のハートが入力されれば、他のフォントでも作成できます。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ:下」を選択します。

ハートの下部が凹みました。

「高さ:1.2cm」「幅:1.2cm」にリサイズして骨の丸みパーツの完成です。

それでは、丸みパーツを棒パーツの両端につけて骨を完成させましょう。

丸みパーツを「90°」回転させ、スマートガイドの機能を使い、肉の右側の上下中央に空き「0cm」で接するように配置します。

スマートガイドの使い方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのスマートガイドで図形を綺麗に揃える方法
PowerPointで図形を綺麗に揃える方法の1つに、Illustrator同様「スマートガイド」の…

左側も同じように丸みパーツをつけて肉に刺さった骨の完成です。

マンガ肉の形ができたので、次は色を塗って質感を出していきましょう。

スポンサーリンク

マンガ肉に色を塗る

準備

色が塗れるようにテキストから図形に変換します。

肉の中に収まるように肉と同じ色で四角形を描きます。

肉と四角形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

肉がテキストから図形になりました。

続いて、左右の丸みパーツを選択して最背面に移動させてから、「棒パーツ」→「左右の丸みパーツ」の順に選択し、「図形の結合」→「接合」で結合します。

骨がテキストから図形になりました。

これで色を塗る準備は完了です。

色を塗る

肉を「線幅:3pt」「線色:茶(RGB:80,40,0)」、骨を「塗り:白」「線幅:3pt」「線色:グレー(RGB:127,127,127)」に設定します。

続いて、肉に影を入れて立体感を出します。

肉を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→「影」→「標準スタイル」の「内側:下」を選択します。

続いて、影を次のように設定します。

  • 色:茶(RGB:120,50,0)
  • 透明度:0%
  • ぼかし:0pt
  • 角度:90°(変更なし)
  • 距離:15pt

肉に影がついて立体感が出ました。

最後に、円を「高さ:0.2cm」「幅:0.2cm」「塗り:茶(RGB:80,40,0)」で描き、肉に程よく並べて質感を出します。

一度はがっつきたいマンガ肉の完成です。

いい肉食べたい