【あしらいの作り方】カテゴリー新設!投稿一覧はこちら ▶︎
スポンサーリンク

PowerPointでマンガ肉を文字の変形で作る方法

PowerPointでマンガ肉のイラストをフォント「MS ゴシック」で入力した文字を変形させて作る方法をご紹介します。

マンガ肉とは、「はじめ人間ギャートルズ」などの漫画やアニメに登場する骨つき肉のことです。

スポンサーリンク

マンガ肉を作る

肉の形状を作る

テキストボックスに「MS ゴシック」で黒丸「●」を入力し、「色:茶(RGB:140,70,0)」に設定します。以降のフォントも「MS ゴシック」を使用しています。

  • フォントは「MS Pゴシック」でもOKです。

テキストボックスを選択し、「図形の書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ」を選択します。

黒丸が肉の形状になりました。

「高さ:5cm」「幅:4cm」にリサイズします。

骨パーツを作る

テキストボックスに黒四角「■」を入力します。色は何色でもOKです。

テキストボックスを選択し、「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ」を選択します。

黒四角の上下が凹みました。

「高さ:0.7cm」「幅:5.5cm」にリサイズします。

肉と骨パーツを上下左右中央揃え(揃え方を参照)で配置し、骨パーツを「Ctrl + Shift + [」で背面に移動します。

関節パーツを作る

骨パーツの左右につける関節パーツを作ります。

テキストボックスに黒ハート「♥」を入力します。

  • 黒ハート「♥」はトランプで変換すると入力できます。

テキストボックスを選択し、「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ:下」を選択します。

ハートの下部が凹みました。

「高さ:1.2cm」「幅:1.2cm」にリサイズします。

関節パーツを「90°」回転し、肉の右中央にスマートガイド機能で吸着(使い方を参照)させてぴったり合わせます。

左側も同じように関節パーツをつけます。

スポンサーリンク

テキストから図形に変換する

肉の中に収まるように肉と同じ色で四角形を描きます。

肉と四角形を選択し、「図形の書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」で結合します。

肉がテキストから図形になりました。

続いて、左右の関節パーツを選択して「Ctrl + Shift + [」キーで背面に移動してから、「骨パーツ」→「左右の関節パーツ」の順に選択し、「図形の結合」→「接合」で結合します。

骨がテキストから図形になりました。

色を設定する

肉を「線幅:3pt」「線色:茶(RGB:80,40,0)」、骨を「色:白」「線幅:3pt」「線色:グレー(RGB:127,127,127)」に設定します。

続いて、肉に影を入れて立体感を出します。

肉を選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→「影」→「標準スタイル」→「内側:下」を選択します。

続いて、影を次のように設定します。

  • 色:茶(RGB:120,50,0)
  • 透明度:0%
  • ぼかし:0pt
  • 角度:90°(変更なし)
  • 距離:15pt

肉に影がついて立体感が出ました。

最後に、円を「高さ:0.2cm」「幅:0.2cm」「色:茶(RGB:80,40,0)」で描き、肉に程よく並べて質感を出します。

一度はがっつきたいマンガ肉の完成です。

いい肉食べたい!