スポンサーリンク

PowerPointで雪を降らせるアニメーションを作る方法

PowerPointでスライドの上から下へユラユラと雪を降らせるアニメーションを作る方法をご紹介します。

冬やクリスマスシーズンに雪が降るロマンティックなスライドショーを演出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

雪を作成する

円を「高さ:1cm」「幅:1cm」「色:白」で描きます。背景は黒色で塗りつぶしましょう。

「透明度」を「20%」に変更します。

「図形の書式設定」→「文字のオプション」→「文字の効果」→「ぼかし」を「8pt」に変更します。

柔らかい雪が表現できました。

  • 雪の設定は作成するスライドサイズに合わせてお好みに調整しましょう。

作成した雪を複製してランダムに配置すると画像のような雪景色が作れます。※こちらはアニメーションをキャプチャーした画像ではありません。

雪が降るアニメーションの設定

動作を設定する

「アニメーション」タブ →「アニメーション」グループ →「その他のアニメーションの軌跡効果」をクリックします。

「アニメーションの軌跡効果の変更」ダイアログ → 「線と曲線」→「波線(正弦曲線)」を選択します。

雪に波線のアニメーションが設定されました。

波線のアニメーションをダブルクリックし、「波線(正弦曲線)」ダイアログを開きます。「効果」タブの「滑らかに開始」「滑らかに終了」を「0秒」に変更します。

「タイミング」タブに移動し、「開始」を「直前の動作と同時」、「継続時間」を「5秒(さらに遅く)」に変更します。

スポンサーリンク

アニメーションを配置する

アニメーションを「90°」回転させ、雪がフレームイン、フレームアウトするようにアニメーションの開始と終了の位置をスライド外に配置します。波線もゆるやかに動くようにアニメーションのボックスを細長く変形させましょう。

スライドサイズは「幅:20cm」「高さ:20cm」に設定しています。

雪を複製し、スライド全面が埋まるように配置します。

遠近感が出るように半分の雪をランダムに選び、サイズを「高さ:0.9cm」「幅:0.9cm」に変更します。

「アニメーション」タブ →「アニメーションの詳細設定」グループ →「アニメーションウィンドウ」をクリックします。

「アニメーション」作業ウィンドウが開きます。全ての雪の開始時間が同じタイミングになっているのでランダムに出現するように変更します。

1番目に出現する雪の「遅延」を「1秒」に設定します。その他の雪も「1秒」間隔でまばらに出現するように設定しましょう。

  • 隣り合う雪が連続して出現しないようにランダムに設定するのがポイントです。

動作確認

ロマンティックな夜景を背景に配置しました。雪が降るアニメーションの完成です。

プログラミングソフトを使わなくても簡単なアニメーションならPowerPointのパワーで作れそうです。

SNSに投稿する

作成したアニメーションをSNSに投稿してみましょう。

Twitterに投稿する

Twitterに投稿する方法は「PowerPointでGIFアニメを作りTwitterに投稿する方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでGIFアニメを作りTwitterに投稿する方法
PowerPointで作ったアニメーションをMP4に書き出し、オンラインでGIFアニメに変換してTw…

Instagram

Instagramに投稿する方法は「パワポのアニメーションをMP4に変換しインスタに投稿する方法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

パワポのアニメーションをMP4に変換しインスタに投稿する方法
PowerPointで作ったアニメーションをMP4形式の動画ファイルに変換し、Instagramに投…