PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPoint VBA パックマンを部分円で作るマクロ

PowerPoint VBAを使い、パックマン(PAC-MAN)を作成するマクロをご紹介します。

部分円をパックマンに見立て、円の開きの角度を変えてパックマンの口を表現します。部分円の定数は「msoShapePie」を使用します。

スポンサーリンク

パックマンを作成するマクロ

ソースコード

Sub パックマンを作成()

    Dim n As Long
    Dim w As Single
    Dim h As Single
    Dim diameter As Single
    Dim shp As shape
    
    '選択中のスライド番号を取得
    n = ActiveWindow.Selection.SlideRange.SlideIndex
    
    'スライドサイズ取得
    w = ActivePresentation.PageSetup.SlideWidth
    h = ActivePresentation.PageSetup.SlideHeight
    
    'パックマンの直径「cm」を入力
    diameter = 5
    
    '直径を「cm」に変換
    diameter = Round(diameter * 720 / 25.4, 1)

    With ActivePresentation.Slides(n)

        'パックマンをスライド中央に挿入
        Set shp = .Shapes.AddShape( _
        Type:=msoShapePie, _
        Left:=(w - diameter) / 2, _
        Top:=(h - diameter) / 2, _
        Width:=diameter, _
        Height:=diameter)
        
        '口の開き
        shp.Adjustments(1) = 27
        shp.Adjustments(2) = 333
        
        '図形の色
        shp.Fill.ForeColor.RGB = RGB(255, 255, 0)
        
        '図形の線なし
        shp.Line.Visible = msoFalse
        
        '背景の色
        .FollowMasterBackground = msoFalse
        .Background.Fill.ForeColor.RGB = RGB(0, 0, 0)

    End With
End Sub

実行結果

実行するとパックマンがスライドの中央に挿入されます。パックマンが映えるように背景が黒色で塗りつぶされます。

図形の種類は、定数「msoShapePie」で部分円を指定しています。