パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでモコモコ吹き出しを簡単に作る方法

PowerPointで雲形のモコモコした吹き出しを簡単に作る方法をご紹介します。

円をサークル状に並べる時は「SmartArt」機能を使うと便利です。吹き出しのしっぽは、図形の「月」をカスタムして作りましょう。

スポンサーリンク

モコモコした吹き出しを作る

円をサークル状に並べて吹き出しのモコモコ部分を作ります。

「挿入」タブ →「図」グループ →「SmartArt」をクリックします。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが開くので、「循環」→「基本の循環」を選択して「OK」をクリックします。

SmartArtがスライドに挿入されます。

SmartArtを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:10cm」に設定します。

SmartArtを選択し、「SmartArtのデザイン」タブ →「グラフィックの作成」グループの「図形の追加」を3回クリックして円を追加します。

円が合計8個並びました。

「Shift」キーを押しながら、円を全てクリックして選択します。

続いて、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:4cm」「幅:4cm」に設定します。

円が拡大され、ポンデリングのような形状になりました。

モコモコの形ができたので、中央の隙間を塞いで1つの図形に結合します。

正方形を「高さ:5cm」「幅:5cm」「塗り:白」「線色:黒」「線幅:6pt」で描き、「線の結合点:丸」に設定します。描けたら、SmartArtと上下中央揃えで配置しましょう。

グループ化された図形が含まれると「図形の結合」が行えないので、SmartArtを選択してグループ化を2回解除します。

「Ctrl + A」キーで全ての図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

モコモコした図形が完成しました。

スポンサーリンク

吹き出しのしっぽを作る

吹き出しのしっぽを、図形の「月」をカスタムして作ります。

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「基本図形」→「月」を選択します。

月を「高さ:4cm」「幅:2cm」「塗り:白」「線色:黒」「線幅:6pt」で描き、「線の先端:丸」「線の結合点:丸」に設定します。「線の先端」と「線の結合点」を「丸」に設定しても線に変化はありませんが、気にせず次に進みましょう。

月を右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」を選択します。

上図のように月の右上のパスにマウスオーバーさせ、カーソルの形を変えます。

パスを右クリックしてメニューを開き、「線分の削除」を選択します。

パスが削除されました。この工程で「線の先端」と「線の結合点」が丸くなります。

続いて、上図のように1番上の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの形を変えます。

頂点を右クリックしてメニューを開き、「頂点の削除」を選択します。

続いて、右上の頂点にマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、ドラッグしながら頂点を少し右へ移動させ、しっぽの口を広げます。

最後に、右上の頂点のハンドルにマウスオーバーさせてカーソルの形が変わったら、ドラッグしながらハンドルを少し左へ移動させ、右側の線分をカーブさせます。

上図のような図形になれば、吹き出しのしっぽの完成です。

スポンサーリンク

完成

モコモコとしっぽを組み合わせて吹き出しを完成させましょう。

しっぽはモコモコの凹みに配置するとしっくりきます。

図形を結合する前に円のサイズや位置を不規則に変更しておくと、動きのあるモコモコ吹き出しを作ることも可能です。

動きのあるモコモコは、考え中の吹き出しにすると相性が良いです。