パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでふんわり丸い吹き出しを作る裏技

PowerPointでIllustratorのワープ効果で円を膨張させたような「ふんわり丸い吹き出し」を文字の変形で作る裏技をご紹介します。

PowerPointの文字の変形は、その名の通り文字にのみ適用できるツールですが、工夫次第で図形にも適用することが可能です。

スポンサーリンク

ふんわり丸い吹き出しを作成する

ふんわりとした円を作成する

ふんわりとした円を文字の変形で作ります。

テキストボックスに黒丸「●」を入力します。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「凹レンズ」を選択します。

円が漫画のお肉のような形に変形しました。

上中央の調整ハンドルを少し上に移動させ、上図のようなふんわりとした円になるように調整します。プレースホルダーの境界線まで移動させると、普通の楕円になります。

ふんわりとした円になったら、テキストから図形に変換します。

円の中に収まるように円と同じ色で四角形を描きます。

円と四角形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

テキストから図形になりました。

ふんわりとした円の完成です。

吹き出しのしっぽを作成する

続いて、吹き出しのしっぽを文字の変形で作ります。

テキストボックスに黒三角「▲」を入力します。

テキストボックスを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」→「カーブ:下」を選択します。

三角が吹き出しのしっぽのような形に変形しました。

右中央の調整ハンドルをほんの少し上に移動させ、上図のような吹き出しのしっぽの形になるように調整します。

吹き出しのしっぽの形が整ったら、テキストから図形に変換します。合わせて、図形に変換した後にサイズ調整がしやすいようにプレースホルダーの向きも変更します。

テキストボックスを「55°」ぐらい回転させ、上図のように吹き出しのしっぽの尖った部分と反対側の面が水平になるように調整します。

だいたい水平になったら図形に変換しましょう。

三角の中に収まるように三角と同じ色で四角形を描きます。

「Ctrl 」キーを押しながら、四角形、テキストボックスの順に選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

テキストから図形になり、プレースホルダーもリセットされました。

吹き出しのしっぽの完成です。

スポンサーリンク

完成

二つのパーツの準備ができたら、組み合わせて吹き出しにしましょう。

ふんわり円の右下に吹き出しのしっぽを左に「45°」回転させて組み合わせました。

吹き出しに線を設定したい場合は、ふんわり円と吹き出しのしっぽを「図形の結合」の「接合」で結合してから行いましょう。

吹き出しのしっぽの先端が尖り過ぎてるとかわいくないので、丸くすることもできます。

吹き出しを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「線」→「線の結合点」を「丸」に設定します。

吹き出しのしっぽの先端が丸くなってかわいくなりました。丸くする方がふんわり円との相性が良いですね。