PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで写真の背景を透明にする2つの方法

PowerPointで写真の背景を透明にする方法をご存知でしょうか?Photoshopなどの画像加工ソフトがなくても、シンプルな背景の写真ならPowerPointで消すことができます。

例えPhotoshopを持っていても元画像がなければ、「PowerPointから画像を抜き出し」→「Photoshopで背景透過」→「PowerPointに再配置」と何とも手間な行程になってしまいます。

そこで、パワポで背景透過する2つの方法のご紹介です。

スポンサーリンク

背景が一色ではない写真の背景透過

背景の削除ツールで透過する

背景に階調がある写真の時は、「背景の削除ツール」で透過します。※水色の部分はスライドの背景色になります。

「背景の削除ツール」を活用するには、上図のようなベタ面が多くて薄っすらと影が入っている程度のシンプルな背景の写真が向いています。

写真を選択して「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「背景の削除」をクリックします。

すると、写真の背景が紫色で選択されました。この紫色の部分が透明になる部分です。

トリミング枠が写真の内側に入り込んでオレンジが切れてしまっているので、写真の外側いっぱいまで広げます。

続いて、影の部分に選択し残しがあるので選択範囲を追加します。

「背景の削除」タブ →「削除する領域としてマーク」をクリックします。

カーソルがペンに変わるので、削除する領域に追加したい背景に合わせてクリックします。

すると、背景が紫色に変わり削除領域が追加されます。削除したい背景が全てマークされるまでクリックしましょう。

マークできたらスライドをクリックして完了です。

影もオレンジの輪郭でつけれるようになりました。

その他の操作

  • 保持する領域としてマーク:削除したくない部分が選択されていた場合、その部分をクリックして選択範囲から解除します。
  • マークの削除:「保持する領域」「削除する領域」のマークを削除します。
  • すべての変更を破棄:写真を元の状態に戻します。
  • 変更を保持:削除した状態を保存します。

背景が一色の写真の背景透過

透明色を指定して透過する

上図のような背景が一色の写真の時は、「透明色を指定」で透過します。

写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「色」の「透明色を指定」をクリックします。

カーソルが「魔法のペン」に変わるので、写真の白色部分にカーソルを合わせてクリックします。

背景が透明になりました。「透明色を指定」は、クリックしたポイントと同じRGB値の部分を全て透明にできるツールです。

消したくない部分も同じRGB値であれば一緒に透過されてしまうので、処理後はよく写真を確認しましょう。

リセットする

写真を元の状態に戻したい時は、写真を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「図のリセット」をクリックします。

スポンサーリンク

背景透過した写真の背景を塗りつぶす

塗りつぶしの設定

背景透過した写真は、背景を好きな色やグラデーションで塗りつぶすことができます。わざわざ背面に図形を重ねる必要はありません。

写真を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」から色やグラデーションを設定しましょう。

背景にグラデーションの設定ができました。背景が元々透明になっている透過PNG画像にも設定可能です。

図として保存する

背景を塗りつぶした画像を「図として保存」すると、背景を塗りつぶした状態でPNG画像として書き出すことができます。

「図として保存」は、写真にマウスオーバーさせて「右クリックメニュー」→「図として保存」を選択します。

高解像度で保存する方法は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで図として保存の解像度を高画質に保つ方法
PowerPointで画像を「図として保存」する時に、できるだけ解像度を落とさず高画質を保った状態で…