スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで写真を切り抜きして背景を透明にする方法

PowerPointで写真を切り抜く方法をご存知でしょうか?Photoshop等の画像加工ソフトがなくてもシンプルな背景の写真ならPowerPointで切り抜きができます。

例えPhotoshopを持っていてもPowerPointに配置済みの画像で元画像がなければ、PowerPointから画像を抜き出し→Photoshopで切り抜き→PowerPointに再配置と何とも手間な行程になってしまいます。

PowerPointで切り抜きできる写真は、PowerPointでサクッと済ませてしまいましょう。

スポンサーリンク

写真を切り抜きする

今回はオレンジの写真の背景を切り抜きます。薄い青色の部分がスライドの背景色になります。

簡易的な切り抜きツールになるので、上図の様な背景があまり複雑ではない写真がPowerPointで切り抜きするのに向いています。

写真を選択して「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「背景の削除」をクリックします。

すると、写真の背景が紫色で選択されました。この紫色の部分が切り抜かれて透明になる部分です。

トリミング枠が写真の内側に入り込んでオレンジが切れてしまっているので写真の外側いっぱいまで広げます。

背景に選択し残しがあるので選択範囲を追加します。

「背景の削除」タブ →「削除する領域としてマーク」をクリックします。

カーソルがペンに変わるので追加して削除したい背景に合わせてクリックします。

すると、背景が紫色に変わり選択範囲が追加されます。削除したい部分が全て選択されるまでクリックしましょう。

全て選択できたらスライドをクリックして切り抜き完了です。

影もオレンジの輪郭でつけれるようになりました。

スポンサーリンク

その他の操作

  • 保持する領域としてマーク:削除したくない部分が選択されていた場合、その部分をクリックして選択範囲から解除します。
  • マークの削除:「保持する領域」「削除する領域」のマークを削除します。
  • すべての変更を破棄:写真を切り抜きされていない元の状態に戻します。
  • 変更を保持:切り抜きの変更を保存します。