パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでなみなみ円・クッキー型・バクダン吹き出しを描く方法

PowerPointで装飾に使える「なみなみ円(波丸)フレーム」「クッキー型(ビスケット型)フレーム」「バクダン吹き出し」を描く方法をご紹介します。

パワポで簡単に描ける図形「ギザギザ円」や「SmartArt」をうまく利用して作ります。

スポンサーリンク

なみなみ円フレーム

なみなみ円フレームは、図形の「星」を変形して描きます。

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ツール」→「星とリボン」→「星:12pt」を選択します。

「星:12pt」を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描きましょう。PowerPointでギザギザ円を描くのはとても簡単ですね。

上中央の調整ハンドルを上に移動し、ギザギザの深さを調整します。この後、ギザギザの頂点が丸くなるイメージでお好みで調整してください。

ギザギザの深さが調整できたら、図形を右クリックしてメニューを開き、「頂点の編集」を選択します。「頂点の編集」を実行すると、ギザギザの深さの調整はできなくなります。

「頂点の編集」モードになりました。ここからギザギザの頂点を丸くしてなみなみ円に変形していきます。

図形の上中央の山の頂点にマウスオーバーさせ、カーソルの種類が変わる位置で右クリックしてメニューを開きます。

右クリックメニューから「頂点を中心にスムージングする」を選択します。「頂点で線分を伸ばす」でも同じ効果が得られます。

すると、頂点が丸くなりました。

この作業をギザギザの山の頂点にクルッと一周実行していきます。谷の頂点には実行しなくて大丈夫です。

最後の山だけは「頂点を中心にスムージングする」では形が崩れてしまうので、別の方法で丸くします。

丸くしたい山の線分にマウスオーバーさせ、カーソルの種類が変わる位置で右クリックしてメニューを開きます。

右クリックメニューから「線分を曲げる」を選択します。

すると、線分が波線になりました。

山のもう片方の線分にも「線分を曲げる」を実行し、なみなみ円フレームの完成です。

その他の星ファミリーもなみなみ円にしてみました。「星:12pt」と「星:16pt」が、波の数が多くも少なくもなく使いやすそうです。

「星:36pt」は、曲がってくれない線分があり、なみなみ円にできませんでした。

スポンサーリンク

クッキー型フレーム

クッキー型フレームは、「SmartArt」をうまく利用して作ります。

「挿入」タブ →「図」グループ →「SmartArt」をクリックします。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが開くので、「循環」→「基本の循環」を選択して「OK」をクリックします。

SmartArtがスライドに挿入されます。

SmartArtを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:10cm」に設定します。

SmartArtを選択し、「SmartArtツールのデザイン」タブ →「グラフィックの作成」グループの「図形の追加」を11回クリックして正円を追加します。

正円が合計16個になりました。

「Shift」キーを押しながら正円を全てクリックして選択します。

続いて、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:2.5cm」「幅:2.5cm」に設定します。

正円が拡大され、ポンデリングのような形状になりました。

正円を「高さ:8cm」「幅:8cm」で描き、SmartArtと上下中央揃えで配置します。

SmartArtを選択してグループ化を2回解除します。

「Ctrl + A」キーで全ての図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「接合」を選択して結合します。

クッキー型フレームの完成です。

スポンサーリンク

バクダン吹き出し

バクダン吹き出しも、「SmartArt」をうまく利用して作ります。

「挿入」タブ →「図」グループ →「SmartArt」をクリックします。

「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログが開くので、「循環」→「基本の循環」を選択して「OK」をクリックします。

SmartArtがスライドに挿入されます。

SmartArtを選択し、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:10cm」に設定します。

SmartArtを選択し、「SmartArtツールのデザイン」タブ →「グラフィックの作成」グループの「図形の追加」を11回クリックして正円を追加します。

正円が合計16個になりました。

続いて、「Shift」キーを押しながら矢印を全てクリックして選択します。

「SmartArtツールの書式」タブ →「図形」グループの「図形の変更」をクリックし、「基本図形」の「楕円」を選択します。

図形が矢印から楕円に変わりました。

続いて、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」→「サイズ」→「高さ:2.7cm」「幅:1.9cm」に設定します。

楕円を拡大すると、中央にバクダン吹き出しのシルエットが現れました。このシルエットの部分を図形にして抜き出します。

正円を「高さ:8cm」「幅:8cm」で描き、SmartArtと上下中央揃えで配置します。

SmartArtを選択してグループ化を2回解除します。

「Ctrl + A」キーで全ての図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」→「切り出し」を選択して結合します。

図形が分割され、バクダン吹き出しの図形ができました。上図は分かりやすく色を変更しています。

バクダン吹き出しの部分を抜き出して完成です。

かわいい版ずれフレームにする

フレームの色を版ずれさせると、もっとかわいく装飾することができます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで文字の塗りと線をずらして版ずれさせる方法
印刷時に特定の色がずれる状態「版ずれ」。ずれてるだけで、なんだかオシャレでかわいく見えて、レトロな感…