スポンサーリンク

PowerPointで文字や図形の影が印刷されない時の対処法

PowerPointから印刷する場合、初期設定では効果の「影(ドロップシャドウ)」が印刷されない設定になっています。

他の「反射」「光彩」「ぼかし」の効果は問題なく印刷されるため、なぜ影だけ設定があるのでしょうか?

スポンサーリンク

印刷時に影がつかない

影つきの文字や図形を作って、いざ印刷してみたら影が消えた!?

PowerPointのことだから印刷に対応してないのかと思いきや、影を「印刷する・しない」の設定が詳細設定にあるんです。

「影を印刷する」の一択だと思うんだけどな…

影を印刷する設定にする

「ファイル」タブ →「オプション」→「PowerPointのオプション」ダイアログを開きます。

「詳細設定」→「印刷」の「高品質で印刷する(すべての影効果も印刷されます)」にチェックを入れます。

以上で影を印刷する設定になりました。

  • PDFやJPEGに保存する場合は、チェックの有無に関係なく影つきで保存されます。
スポンサーリンク

印刷する前に気づく方法

100部印刷してから「影がついてない!」と嘆かないように、印刷前に印刷プレビュー画面で影のあるなしをチェックしましょう。

「高品質で印刷する(すべての影効果も印刷されます)」にチェックが入っていない場合、印刷プレビュー画面でも影が消えているので事前に気づくことができます。

ミスプリントを減らそう!

影なし印刷したい時とは?

影を印刷する・しないが選べるということは、影を印刷したくない場合も時にはあるということです。それは一体どういう時なのでしょうか?

例えば、プレゼン時はプロジェクターを使って大きなスクリーンで見ていたので影つき文字でも問題なかったが、A4サイズで印刷してみるとスクリーンより表示サイズが縮小され、影つき文字が読みづらくなった場合などが考えられます。

 

\ あなたの声を聞かせてください /

「こんな時に影なし印刷したい」体験談募集!

「#影なし印刷」で思いをつぶやこう!