パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointでPDF変換時の文字ずれ・エラー解決法

PowerPointでPDF変換時に起こる文字ずれやエラーの解決法とその他の不具合をまとめました。

PDFとの互換性が完全ではないため、編集画面とPDF変換した状態ではテキストやオブジェクトに位置ずれや表示の違いが発生する場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

PDF変換時の不具合

フォント

  • メイリオやフリーフォントなど、縦書き時に位置がずれるフォントがある。
  • プロポーショナルフォント(文字毎に文字幅が異なるフォント)は、縦書き時に文字と記号の字間がずれるフォントがある。

  • 点線の場合、スライドの拡大率によって見え方が変化するので、PowerPointとPDFでは点線の間隔がずれる。
  • 点線がつながり直線になる設定がある。

点線がつながる場合の解決法は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでPDF変換時に点線がつながるバグの解決法
PowerPointの編集画面では点線になっているデータが、PDFに変換するとなぜか点線がつながり直…

パターン

  • スライドの拡大率によって見え方が変化するので、PowerPointとPDFでは表示が異なる。
  • 細かなパターンはモアレが出て綺麗に印刷ができない。

グラデーション

  • 既定のグラデーションの「上スポットライト」「下スポットライト」の設定が中央からのグラデーションになる。

AcrobatでPDF変換してみよう

PowerPointからPDF変換するのではなく、Adobeが提供するAcrobatのオンラインサービス「オンラインでPPTをPDFに無料で変換」を試してみましょう。

サイトにアクセスすると下図の画面になるので、pptxファイルをドロップ範囲にドラッグ&ドロップすると自動でPDFに変換されます。

1回目のPDFのダウンロードはAdobeにログインせずに行えますが、2回目以降はログインが必要になります。

ログインすると上図の画面に移動し、PDF変換やダウンロードができます。オンラインでのPDF変換サービスは期間限定のようです。1日に10個まで変換できるので、期間限定中にお試しで使用すると良いでしょう。

上図の作例は、メイリオの縦書きをPowerPointでPDF変換した時とAcrobatでPDF変換した時の比較です。PowerPointでは見事にずれてしまいましたが、Acrobatではずれずに変換できました。

スポンサーリンク

PDF変換時にエラーになる

PDF変換時にエラーになる場合の解決法です。まずは、他のファイルがPDFに変換できるか確かめてみましょう。もし、変換できるのなら変換できないファイル内のオブジェクトに問題があると予想されます。

エラーの原因を探る方法

Illustratorで作った複雑なパスのオブジェクトをスライドに貼り付けると、エラーになる場合があります。Illustratorから貼り付けたオブジェクトを全て削除してPDFに変換してみましょう。

変換できれば、削除したオブジェクトの中にエラーの原因が含まれていることになります。今度は逆に先ほど削除したオブジェクトだけを残してPDFに変換します。エラーになれば、やはりそのオブジェクトの中にエラーの原因が含まれていることが断定できます。

エラーの原因になるオブジェクトが絞れたので、後は「一つずつオブジェクトを削除」→「PDFに変換するとエラー」を繰り返して問題がないオブジェクトを外していきます。その方法で最後まで残ったオブジェクトがエラーの原因です。

エラーの解決法

エラーの原因になるオブジェクトを「Ctrl + X」キーでカットし、スライドを右クリックしてメニューを開き、「図(PNG)」で貼り付けて画像化しましょう。

画像化することで、パスの情報がなくなりPDF変換できるようになります。