スポンサーリンク

PowerPointでPDF保存時のエラー・不具合まとめ

PowerPointでPDF保存時に起こるエラーや不具合をまとめました。

PDFとの互換性が完全ではないため、PowerPoint上とPDFに変換した状態ではテキストやオブジェクトに位置ズレや表示の違いが発生する場合があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

PowerPointからPDF保存時の不具合

フォント

  • メイリオなど、縦書き時に位置がズレるフォントがある。
  • 游ゴシックと游明朝は句読点、括弧、伸ばし棒などが横書きになったり、記号がズレる。
  • プロポーショナルフォント(文字毎に文字幅が異なるフォント)は縦書き時に文字と記号の字間がズレる。

PowerPointで游ゴシック、游明朝を縦書きで作成しました。PowerPoint上では問題ありませんが、このデータをPDF保存すると…

とんでもない文字崩れが発生します。データをPDFで入稿する場合など注意が必要です。

パワーポイントで游ゴシック、游明朝の「縦書き」をPDF保存するのはダメ、ゼッタイ。

  • 点線の場合、スライドの拡大率によって見え方が変化するので、PowerPointとPDFでは点線の間隔がズレる。
  • 点線がつながり直線になる設定がある。

点線が繋がる設定については「PowerPointでPDF保存時に点線がつながる場合の解決法」で詳しく解説していますので、ご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointでPDF保存時に点線がつながる場合の解決法
PowerPointの画面上では点線になっているのに、PDF保存時になぜか点線がつながって直線になっ…

パターン

  • スライドの拡大率によって見え方が変化するので、PowerPointとPDFでは表示が異なる。
  • 細かなパターンはモアレが出て綺麗に印刷ができない。

グラデーション

  • 既定のグラデーションの「上スポットライト」「下スポットライト」の設定が中央からのグラデーションになる。

パス

  • Illustratorで作成された複雑なパスのオブジェクトを配置していると、PDF保存時にエラーになり書き出せない場合がある。
  • 【対処法】問題のオブジェクトをカットし、「図(PNG)」で貼り付けして画像化する。

 

新たに発見次第報告します。