PowerPoint使い方講座「最短で実務レベルを習得するコース」が【無料】公開中!詳細はこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで実線を部分的に点線にする方法

PowerPointで実線を部分的に点線にして、それぞれの長さを自由自在に調整する方法をご紹介します。

図形の線で作ると調整が手間になるため、テキストの下線(アンダーライン)をうまく利用して作るテクニックです。

スポンサーリンク

実線を部分的に点線にする

下線で実線を引く

テキストボックスを挿入し、Tubキーで「タブ」を3回入力します。

テキストボックスを選択し、「Ctrl + U」を押してタブに下線の設定をします。

部分的に点線にする

点線にしたいタブを選択します。今回は中央のタブを点線にします。

「ホーム」タブ →「フォント」グループ → 右下の「起動ツール」をクリックします。

「フォント」ダイアログ →「フォント」タブ →「下線のスタイル」を「点線」に設定します。

中央の実線が点線に変わり、実線と点線が混在した線が引けました。

線の長さを調整する

線を長くするためにテキストボックスを右に広げます。

「表示」タブ →「表示」グループ →「ルーラー」にチェックを入れます。

ルーラーが表示されるのでタブの種類を「右揃えタブ」に変更します。ルーラー上を間隔を開けて3回クリックして右揃えタブを挿入します。右揃えタブの位置が下線で設定した実線、点線の終点の位置になります。

右揃えタブはCtrlキーを押しながら左右に移動させると細かく動くので、自由自在に実線と点線の境目の調整が可能です。

以上が「実線を部分的に点線にする」方法です。