スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで画像化されたフォントをテキストデータに戻す方法

PowerPointでアウトライン化の代替として、特定の形式で画像化されたフォントを元のテキストデータに戻す方法をご紹介します。

アウトライン化されたフォントは、元のテキストデータに戻せませんが、画像化されたフォントなら復活できる可能性があります。

初めに、フォントを画像化してから、元のテキストボックスのデータに戻す流れでご説明します。

いでよ神龍!

フォントを蘇らせてくれ!

スポンサーリンク

フォントを画像化する

画像化するテキストデータを用意します。

テキストボックスを「Ctrl + X」でカットし、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「図(拡張メタファイル)」を選択して「OK」をクリックします。

テキストボックスが画像としてスライドにペーストされました。

画像と同じようにトリミングも可能です。

テキストデータに戻す

テキストボックスを選択し、「Ctrl + Shift + G」でグループ化の解除をします。

すると、「これはインポートされた図で、グループではありません。Microsoft Office 描画オブジェクトに変換しますか?」とメッセージが表示されるので、「はい」をクリックします。

その後、もう一度「Ctrl + Shift + G」でグループ化の解除をします。

すると、テキストボックスと透明の図形に分解されます。背面にある透明の図形は不要なので削除しましょう。

文字の選択も可能になり、テキストボックスに文字が入力されたデータに戻りました。