PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで作れるIllustratorと同じ機能一覧

PowerPointにはIllustratorと同じような機能が多数存在します。Illustratorと同じ機能、もしくは似た機能がPowerPointではどのツールにあたるのかを解説します。

IllustratorユーザーがPowerPointを始める時に知っていると作業がスムーズに行えるでしょう。

その他、PowerPointとIllustratorの違いについてもまとめました。

スポンサーリンク

ツールパネル

ダイレクト選択ツール

ダイレクト選択ツールの使い方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのダイレクト選択ツールで作業効率を上げる方法
PowerPointでIllustratorの「ダイレクト選択ツール」の機能に近い「グループ化選択」…

文字/線/図形ツール

「ホーム」タブ →「図形描画」グループ →「図形ギャラリー」を表示します。

ペンツール

図形の「線」→「フリーフォーム:図形」で描画します。

アンカーポイントの追加/削除ツール

図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の編集」→「頂点の編集」で頂点を表示します。

図形の頂点で右クリックしてメニューを表示し、「頂点の追加」「頂点の削除」で行います。

鉛筆ツール

図形の「線」→「フリーフォーム:フリーハンド」で描画します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで手書き風「丸」をフリーハンドで描く方法
PowerPointで手書き風の「丸」を図形の「フリーハンド」で描く方法をご紹介します。Illust…

スポイトツール

書式のコピー&ペースト「Ctrl + Shift + C」&「Ctrl + Shift + V」キーでスポイトツールのような作業が可能です。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

パワポの神ツール「書式のコピペ」で仕事を爆速で片付ける方法
PowerPointの「書式のコピー&ペースト」を使いこなして超光速で仕事を片付ける方法をご紹介しま…

手のひらツール

手のひらツールの使い方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointの手のひらツール代替で画面を光速移動する方法
PowerPointでスライド上の移動が不便に感じた方も多いのではないでしょうか。Illustrat…

ズームツール

「Ctrl」キー +「マウスホイール」でスライド画面の拡大縮小ができます。

作業画面右下にあるズームバーの1番右のアイコンでスライド全体を表示できます。

スポンサーリンク

ウィンドウメニュー

ツールパネル

クイックアクセスツールバーでよく使うツールを登録/選択します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

クイックアクセスツールバーをイラレ仕様に設定する
今回は、PowerPointのIllustrator化を目的とし、イラレ仕様にカスタマイズした「おす…

アクションパネル

「開発」タブ →「コード」グループ →「Visual Basic」でマクロを作成します。

アートボードパネル

「デザイン」タブ →「ユーザー設定」グループ →「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックし、「スライドのサイズ」ダイアログを表示します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointのスライドを印刷用A4縦横サイズに設定する
PowerPointでスライドを印刷用のA4サイズにする方法、A4からA3にリサイズする方法をご紹介…

カラーパネル

「カラーパレット」→「その他の色」→「色の設定」ダイアログ →「ユーザー設定」タブを表示します。

カラーガイドパネル

「デザイン」タブ →「バリエーション」グループ →「その他」→「配色」で表示します。

スウォッチパネル

「カラーパレット」を表示します。

グラデーションパネル

「図形の書式設定」の「塗りつぶし(グラデーション)」または「線(グラデーション)」で設定します。

パスファインダーパネル

図形を選択し、「描画ツールの書式」タブ →「図形の挿入」グループ →「図形の結合」で表示します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPoint「図形の結合」選択順による結合結果の違い一覧
PowerPointの「図形の結合」ですが、図形の選択順によって色や形の結合結果が異なるのをご存知で…

ブラシパネル

「校閲」タブ →「インク」グループ →「インクの開始」で「ペン」タブを表示します。

「ペン」タブ →「ペン」グループ → 「ペンギャラリー」を表示します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで「くるりん矢印」を赤ペンで描く方法
PowerPointで「くるりん矢印(くるくる矢印)」を赤ペンで描く方法をご紹介します。滑らかなカー…

リンクパネル

リンクとして挿入したファイルのリンク先は、「ファイル」タブ →「情報」→ 「ファイルへのリンクの編集」→「リンク」ダイアログで確認します。

画像はデフォルトでIllustratorでいう埋め込みのような状態で挿入されるので、通常リンクで挿入は行いません。

リンクを再設定(画像の置換)

画像を選択し、「図ツールの書式」タブ →「調整」グループ →「図の変更」で入れ替えます。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointの「画像の挿入と置換」6つの方法を理解する
PowerPointで画像の挿入や置換(差替)をする時、どのような方法でされているでしょうか?Pow…

レイヤーパネル

レイヤーパネルの使い方は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで「プチレイヤー機能」を使う方法
PowerPointの「プチレイヤー機能」を使えば、オブジェクトの選択や重ね順の変更が簡単にできるよ…

変形パネル

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」の「サイズ」と「位置」で設定します。

整列パネル

オブジェクトを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「配置」グループ →「配置」で表示します。

文字パネル

「ホーム」タブ →「フォント」グループで設定します。

段落パネル

「ホーム」タブ →「段落」グループで設定します。

線パネル

「図形の書式設定」の「線」または「文字の輪郭」で設定します。

透明パネル

書式設定ウィンドウの「透明度」で設定します。

スポンサーリンク

効果メニュー

スタイライズ

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」または「文字のオプション」→「文字の効果」の「影」「光彩」で設定します。

ワープ

テキストを選択し、「描画ツールの書式」タブ →「ワードアートのスタイル」グループ →「文字の効果」→「変形」で表示します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで文字をアーチ状や円に沿って入力する方法
PowerPointで文字をアーチ状に曲げたり、円に沿って入力する方法をご紹介します。タイトルをアー…

ぼかし

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」または「文字のオプション」→「文字の効果」の「ぼかし」で設定します。

3D

「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「効果」→または「文字のオプション」→「文字の効果」の「3-D 書式」「3-D 回転」で設定します。

詳細は、次のチュートリアルをご参考にしていただければ幸いです。

PowerPointで飛び出す立体文字や図形を3D効果で作る方法
立体オブジェクトの作り方決定版!PowerPointで「飛び出す立体文字」と「文字を囲む立体図形」の…

PowerPointとIllustratorの違い

前項では、PowerPointとIllustratorの共通する点をご紹介してきましたが、違いについても気になる点をまとめました。

項目PowerPointIllustrator
カラーモードRGBCMYK / RGB
レイヤー機能×
環境にないフォント自動で別フォントに置換アラート通知
手のひらツール×
文字の長体平体変形で調整%で調整
回転しながらコピー×
袋文字テキストを2重にするアピアランス
反射反射効果でお手軽作成手動で作成
書式のコピー&ペースト×
年間プラン(2020年)12,984円/年(Microsoft 365)26,160円/年

PowerPointとIllustratorの大きな違いは細かく言うといくつもありますが、見逃せないのが価格でしょう。

PowerPointは、Microsoft 365の年間プランでなくても単体で買い切りする選択肢がありますが、Illustratorは買い切りがないため維持費が高くつきます。

本格的にデザインやDTPを学びたい方はIllustratorが好ましいですが、ハック的な感じで使用するなら断然PowerPointがおすすめです。