パワポの【疑問】を解決!「よくあるご質問」はこちら ▶︎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで方眼紙(格子)のパターンを作る方法

PowerPointで方眼紙(格子)のパターンを作る方法をご紹介します。

方眼紙は直線を複製して等間隔に並べると作れますが、「表」の機能を使って一括で格子状に線を引くと、より簡単に作ることができます。

スポンサーリンク

格子状に線を引く

今回はマス目が「10×10」の格子を作る手順で進めます。

「挿入」タブ →「表」→「表の挿入」をクリックします。

「列数:10」「行数:10」に設定し、「OK」をクリックします。

「10×10」の表が挿入されました。

「表」を選択し、「レイアウト」タブの「セルのサイズ」を「高さ:1cm」「幅:1cm」に設定します。

マス目が正方形になりました。

「表」を選択し、「テーブルザイン」タブの「表のスタイルギャラリー」から「スタイルなし、表のグリッド線あり」を選択します。

格子状の線が引けました。

スポンサーリンク

方眼紙のパターンを作る

格子を「表」から「図形」に変換し、方眼紙の書式を設定します。

格子を「Ctrl + C」キーでコピーした状態で、「ホーム」タブ →「クリップボード」グループ →「貼り付け」→「形式を選択して貼り付け」をクリックします。

「形式を選択して貼り付け」ダイアログの「画像(SVG)」を選択して「OK」をクリックします。

格子がグラフィックス形式になりました。

ここから更に図形に変換します。

格子を右クリックしてメニューを開き、「図形に変換」をクリックします。

グラフィックス形式から図形に変換され、線が個別に選択できるようになりました。グループ化を解除すると線がバラバラになる状態です。

図形に変換したことでサイズの比率が変わってしまったので、「高さ:1cm」「幅:1cm」のマス目が並ぶ格子に戻します。

格子を選択した状態で、「図形の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「サイズとプロパティ」のサイズを「高さ:10cm」「幅:10cm」に設定します。

格子の線をカスタマイズしてお好みの方眼紙に仕上げましょう。