PowerPointについての「よくあるご質問」はこちらからご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PowerPointで方眼紙(格子状)のパターンを簡単に作る方法

PowerPointで方眼紙を作る時に格子状に線を並べる方法がありますが、等間隔のマス目を作るのに一手間かかります。

そこで、今回はパターンを使ってより簡単に方眼紙を作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

方眼紙のパターンを作成する

パターンにする図形を作成する

正方形を「高さ:1cm」「幅:1cm」「線幅:0.5pt」「線色:RGB(0,176,240)」で描きます。

完成したら正方形を「Ctrl + C」キーでコピーした状態にします。

パターンで塗りつぶす

パターンで塗りつぶす正方形を「高さ:10cm」「幅:10cm」で描きます。

正方形を選択し、「図の書式設定」ウィンドウ →「図形のオプション」→「塗りつぶしと線」→「塗りつぶし」を次のように設定します。

  • 塗りつぶし:塗りつぶし(図またはテクスチャ)
  • 図の挿入元:クリップボードをクリック(コピーした図形を挿入します)
  • 透明度:50%(方眼紙の線色を調整します)
  • 図をテクスチャとして並べるにチェック(図形をタイル状に並べます)
  • 配置:中央(パターンの位置調整)

方眼紙パターンの完成です。